しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ」 おはなばたけちゃん。さんの声

ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ 作:エーリヒ・ケストナー
絵:H.レムケ
訳:高橋健二
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1962年08月
ISBN:9784001150575
評価スコア 3.5
評価ランキング 38,161
みんなの声 総数 1
「ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 活発な精神に圧倒される!

    最近、作品をたてつづけに読み、ケストナーその人にも興味をもち読んでみました。

    自分の祖先はじめ親戚や家族のことが中心ですが、静かに語られるのとはまるで違い、こんなに活発な精神をもって描かれた本はそうなにのではないかと、面くらいました。

    溢れんばかりの感情に、冷静な判断、そして凄まじいまでの記憶力が入り交じって、1回通読しただけでは、圧倒されただけで終わってしまいます。

    ケストナーの作品には間違いなく、この家族の歴史が大きく影響しているのは確信しました。この本のことは、他のケストナーの作品同様、忘れることなどできないな、と思います。

    投稿日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ」のみんなの声を見る

「ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おばけのバーバパパ / とんことり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット