新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

川端 健生さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

しょうとのおにたいじ

しょうとのおにたいじ

再話:稲田 和子  絵:川端 健生  出版社:福音館書店  本体価格:¥900+税  
発行日:2010年01月  ISBN:9784834024791

1件見つかりました

川端健生さんの作品のみんなの声

  • 絵をよく見ると

    タイトルを読んで、知らないおお話だと思って読み始めましたが、「猿かに合戦」に似てました。 地蔵の耳に隠した卵を鬼に取られてしまったしょうと(ホオジロ)が、ドングリやカニの力を借りて鬼に仕返しをします・・・続きを読む

  • 三びきの鬼

    「さるかに」のパロディのようなお話です。 そう思うと、「さるかに」と比べてしまう自分ですが、赤青黒と三びきの(?)鬼の登場と、退治した赤鬼を見比べる細かな絵に、絵本の楽しみを見つけました。 「しょ・・・続きを読む

  • みみとめとはなとくち

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     気になる、うん、気になるぞ。  お地蔵さんの「耳」にしょうとの卵が三つ託される。  そこへ「はや耳」の赤鬼、見るだけだからとウソを言い、 卵を一つ、ええ子だがまだ「目」ができとらんのう・・・続きを読む

  • 鬼たいじ

    このお話は、しょうとという鳥が自分の卵を鬼たちに食べられた仕返しに森の仲間たちと一緒に鬼の家に行くお話でした。小さいものたちが力を合わせて大きな鬼をやっつける姿が爽快で見ていて気持ちの良いお話でした!・・・続きを読む

  • さるかにのような部分も

    「しょうと」とは、ホオジロのことです。 こんなに小さな鳥だけでは、鬼たいじなんて難しいことだと思います。 しかし、子供を亡くした親の恨みとは、どんな困難も乗り越えるのでしょう。 道々加わる仲間の・・・続きを読む


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット