ユーザーレビュー

  • 情に厚いコケッコーさんがよかった

    5.0

    コケッコーさんの情けに暑いところが凄くよかったです。捨て犬のトミーを、「新しい飼い主がみつかうまでよ」といいながらトミーがいなくなると心配して、トミーが見つかると、泣いて喜んで「もう、どこにもいっちゃだめよ!トミーは、うちのこなんだからね!」に、ホロリとしてしまいました。...続きを読む

  • 可哀そうだけど笑える

    5.0

    3びきのこぶた、七ひきのこやぎ、赤ずきんを一通り理解していれば楽しめるお話でした。昔話の絵本をマユアルにしながら狩りをしようとするオオカミが、なんだかんだあって狩りを断念し、なんだかちょっとかわいそうになってしまうのですが、前向きに狩りをしようとするオオカミに笑えます。...続きを読む

  • メルヘン

    5.0

    絵から飛び出したしろいうまと一緒に春をさがす旅です。 やなせたかしさんのやさしさがいっぱいのファンタジーです。 お話と絵の美しさにうっとりしてしまいました。 心が寒くなったときに、温めてくれそうなしろいうまでした。...続きを読む

  • 面白すぎる!

    5.0

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。 シンプルな題名からは想像もつかないくらい 知恵ととんちの絵本! 繰り返しも面白いし、 登場人物もなんだか愛すべきキャラ、 読んでいてどんどん面白くなり、 2回も読み返しちゃいました。 言葉のリズムもとってもいい。 翻訳うまいなー!!! これは大きな声で音読するに限る! クラスの読...続きを読む

  • 世界を知る

    5.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    世界中の子どもたちが、乳歯が抜けた後にどういう行動をとるかを、イラストと易しい言葉で教えてくれる本です。 日本と同じように、地面や屋根の上に放り投げたり、枕の下に置いて妖精に取りに来てもらったり、親にアクセサリーにしてもらったり、本当にいろんな習慣があるのだなと、興味深く読みました。 ちょうど歯が抜け変わる時期の子どもに読んであげると...続きを読む

注目の作品!

【フレーベル館】イチ押しの作品をご紹介

出版社おすすめ

  • 夏の魔女

    ある夏の日曜日、ニューヨークの美術館を訪れたサラと弟のティモシー。展示してあった家に入ったふたりは、アメリカ開拓時代にタイムスリップしてしまいます。なんとかして、元の時代にもどろうとしますが…。

  • スイッチ(1) クモにスイッチ!

    双子の兄弟ジョシュとダニー。ある日、飼い犬のチビを追って、となりに住む怪しい科学者ペティ・ポッツの家にしのびこみ、クモにされてしまう! しだいにクモの能力に感心する二人だが、天敵の鳥があらわれて…!

出版社エディターブログ

【東京】『ねこの ひけしや』原画展開催中!【消防博物館】

2016年5月2日 15時12分  


★★現在開催中の原画展情報をおしらせします!★★

「ねこざかな」シリーズでおなじみの渡辺有一先生が描いた絵本、『ねこの ひけしや』。江戸の町を舞台に、火消し見習いの「ぶちまる」が大奮闘する物語です。
そんな絵本の世界が東京の消防博物館で体感できます!
お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください!
5月8日(日)までの開催です!(入場無料・月曜休館日)

詳しくはこちら(フレーベル館HP)をご覧ください!

【東京】『ねこの ひけしや』原画展開催中!【消防博物館】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット