注目の作品!

【フレーベル館】イチ押しの作品をご紹介

    いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

  • 虫・むし・オンステージ!

    虫・むし・オンステージ!

    写真・文:森上信夫
    出版社:フレーベル館

    森の小さなステージで、虫たちがユーモラスにパフォーマンスしているという設定の写真絵本です。 無表情なはずの虫たちから、豊かな感情が見えてくるから不思議! 文はすべて、ひらがなで書かれているので、幼い子でも楽しめます(さくいんの虫の解説を除く)。 虫が苦手な人でも、ついページをめくってしまうような楽しさにあふれています。

  • あなたのすぐそばで生きている、小さな小さな命に目を向けてみませんか?

  • ミジンコでございます。

    ミジンコでございます。

    文:佐藤 まどか
    絵:山村 浩二
    出版社:フレーベル館

    目に見えないほど小さないきもの、ミジンコ。意外なミジンコの習性をユーモラスに描きつつ、命のつながりを考える絵本です。あなたのすぐそばで生きている、小さな小さな命に、目を向けてみませんか?

出版社おすすめ

ユーザーレビュー

  • スーパーばぁば☆

    5.0

    はじめてのかがくえほんシリーズとのことで読みました。絵の雰囲気や内容は海外の絵本のようです。文字数は比較的多いですが、順を追って論理的に話が展開していくので、4歳でも十分理解できます。 主人公とばぁばの信頼関係が伝わってきて、おばあちゃんからのプレゼントにもおすすめです。...続きを読む

  • 様々な課題を感じ取って欲しい

    5.0

    最近息子が何かの本で読んだのか、「江戸前鮨を食べてみたい」と言うのですが、今の江戸前、つまり東京湾で獲れた魚を売ったり食べたりしている人なんているのだろうか・・・? そんな認識から読み始めました。 私が思っていたように、昭和の中頃までは自然を保護することは二の次で、経済成長のために自然、そして海は犠牲になっていました。 けれど、...続きを読む

  • シリーズものです。

    5.0

    動物が好きなら「シートン動物記」よさそうですね! 動物の生態にも詳しくなれそうですよね。 こちらは「キツネの話」です。 こういう本をシリーズで読んでいける子は、読解力もすごく力がつきそうに思いました。 シリーズものなので、気に入ったらどんどん読めるのもいいですね。...続きを読む

  • アンパンマンと一緒に。

    5.0

    アンパンマン、小さなお子さんは好きですよね!(笑) こちら幼児期のお子さん向けの知育絵本になっています。 アンパンマンが好きな時期のお子さんが楽しんでできるのではないでしょうか。 少しづつお勉強の習慣を小さい頃からつけられそう。...続きを読む

  • 貼ってはがせる!

    5.0

    アンパンマン、小さなお子さんは好きですよね!(笑) この絵本は貼ってはがせるシールブックになっていて、指先の運動にもの覚えとしてもいい絵本に思いました。 お家時間、外出先へのお供にも、重宝するのではないでしょうあ。...続きを読む

出版社エディターブログ

『さんびきのくま』日本絵本賞読者賞候補絵本に選ばれました!

2017年12月22日 16時47分  

今年の「日本絵本賞読者賞」候補作に、『さんびきのくま』が選ばれました!詳しくは日本絵本賞公式サイトまで。みなさんの投票お待ちしています!

『さんびきのくま』日本絵本賞読者賞候補絵本に選ばれました!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット