注目の作品!

【フレーベル館】イチ押しの作品をご紹介

    いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

  • 虫・むし・オンステージ!

    虫・むし・オンステージ!

    写真・文:森上信夫
    出版社:フレーベル館

    森の小さなステージで、虫たちがユーモラスにパフォーマンスしているという設定の写真絵本です。 無表情なはずの虫たちから、豊かな感情が見えてくるから不思議! 文はすべて、ひらがなで書かれているので、幼い子でも楽しめます(さくいんの虫の解説を除く)。 虫が苦手な人でも、ついページをめくってしまうような楽しさにあふれています。

  • あなたのすぐそばで生きている、小さな小さな命に目を向けてみませんか?

  • ミジンコでございます。

    ミジンコでございます。

    文:佐藤 まどか
    絵:山村 浩二
    出版社:フレーベル館

    目に見えないほど小さないきもの、ミジンコ。意外なミジンコの習性をユーモラスに描きつつ、命のつながりを考える絵本です。あなたのすぐそばで生きている、小さな小さな命に、目を向けてみませんか?

出版社おすすめ

ユーザーレビュー

  • ジャケ買いしちゃいました。

    5.0

    最近魚ブームな娘に、魚の絵本を探していて見つけました。 涼しげで、カラフルな表紙に私が一目惚れ。 内容も微笑ましく、クスッと笑え、気に入りました。 肝心の娘は、まだ興味示しませんが、もう少し大きくなったら一緒に楽しめると思います。 ねこざかな大好きになりました。...続きを読む

  • ユーモアいっぱい

    5.0

    本物のラリーは見たことはないのですが、これは大変!動物たちの混乱ぶりがおもしろいです。細かく描かれた絵は、ユーモアいっぱい。乗り物が好きな子どももそうでない子どもも楽しめるのでは。とっても素敵なおわりかたも良かったです。...続きを読む

  • 想像もつかない展開に

    5.0

    エンデの作としって読んでみました。乱暴者で、自分が一番えらいと思っているサイ。まわりの動物たちを攻撃して威嚇して・・・。どうなることかと思ったら、想像もつかなかった展開に驚きました。孤独でかたくなだったサイ。考えさせられるお話でした。大きめの絵本で、アフリカの風景や動物たちが魅力的に描かれていて、見応えがありました。...続きを読む

  • 本から語ってみよう。

    5.0

    親の私も戦争を知らない世代。 私自身は祖父が戦争を知っている世代だったので、戦争の話しを聞いたことがあります。 そして、映画や本でも比較的戦争ものを見たり、修学旅行でも長崎へ行って原爆体験者に実際に話しを聞いたりと、戦争を知る機会がありました。 子を持つ親になった今、我が子は私が子供の頃ほどは戦争ものを読み聞きする機会が少なく、そう...続きを読む

  • 可愛いし楽しい

    5.0

    おばけのぺろぺろがどんないたずらをするのかな・・・と思ったら、だんだん楽しくなってきた! ぺろぺろの方も、怖がらせたいのかそうでないのかの境目がなく、調子に乗って楽しんでいる様子が良かったです。 おばけという題材ですが、可愛いし怖くないですね(笑)...続きを読む

出版社エディターブログ

『さんびきのくま』日本絵本賞読者賞候補絵本に選ばれました!

2017年12月22日 16時47分  

今年の「日本絵本賞読者賞」候補作に、『さんびきのくま』が選ばれました!詳しくは日本絵本賞公式サイトまで。みなさんの投票お待ちしています!

『さんびきのくま』日本絵本賞読者賞候補絵本に選ばれました!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット