もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

栗原 毅

栗原 毅

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

やぶかのはなし

やぶかのはなし

文:栗原 毅  絵:長 新太  出版社:福音館書店  本体価格:¥900+税  
発行日:2019年04月15日  ISBN:9784834002119

1件見つかりました

栗原 毅さんの作品のみんなの声

  • 蚊の生態がよく分かります

    やぶ蚊目線のモノローグ風になっていますが、蚊の生態が分かるようになっており、凄く面白い! オスは血を吸わないことや、メスが血を必要とする理由は知っていましたが、こうやって読んでいると子供にも分か・・・続きを読む

  • やぶか!

    私たち人間にとって、夏の大敵「やぶか」の話です。 やぶかからすると、なんて考えてみるのも面白いかもですね。 長新太さんの描くイラストが味わいがあってとてもいいです! この絵本を読んだら、夏が怖く・・・続きを読む

  • 面白いです

    かがくのともはおもしろいです。 長新太さんの絵も楽しいです。 蚊が好きな人はいないと思いますが、この絵本は、蚊の立場で描かれているので、読んでいるうちに、なんだか応援したいような気持になってくるか・・・続きを読む

  • 蚊のことがわかる

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子6歳

    蚊をパチンとしづらくなってしまいました。 この絵本を読んで蚊が必死で生きていることがわかり 「パチン」としづらくなってしまいました。 メスだけが人間の血を吸うなんて知りませんでした。 そしてそ・・・続きを読む

  • オスとメスの蚊

     夏になると、ブーンとやってくる、やぶか。刺されるとイヤですね。  でもこの絵本を読んだら、ちょっとやぶかの見方がかわってきました。寿命がとても短いことに、びっくり。オスとメスでは、吸うものが違うこ・・・続きを読む


幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット