どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

立松 和平(たてまつわへい)

立松 和平(たてまつわへい)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

16件見つかりました

表示

新・今昔物語絵本 鬼のかいぎ

新・今昔物語絵本 鬼のかいぎ

作:立松 和平  絵:よしなが こうたく  出版社:好学社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2018年03月20日  ISBN:9784769023364
牧場のいのち

牧場のいのち

作:立松 和平  絵:山中桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2007年03月  ISBN:9784774312217
  ためしよみ
木のいのち

木のいのち

作:立松 和平  絵:山中桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2005年09月  ISBN:9784774310459
  ためしよみ
川のいのち

川のいのち

作:立松 和平  絵:横松桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2002年  ISBN:9784774306308
  ためしよみ
田んぼのいのち

田んぼのいのち

作:立松 和平  絵:横松桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2001年  ISBN:9784774304625
  ためしよみ
街のいのち

街のいのち

作:立松 和平  絵:横松桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2000年  ISBN:9784774304069
  ためしよみ
満月の百年

満月の百年

作:立松 和平  絵:坪谷 令子  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:1999年  ISBN:9784309730653
キツネとのやくそく

キツネとのやくそく

作:立松 和平  絵:黒井 健  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,450+税  
発行日:1998年3月5日  ISBN:9784309730646
天とくっついた島

天とくっついた島

作:立松 和平  絵:スズキ コージ  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1997年  ISBN:9784309730622
おじいさんの机

おじいさんの机

作:立松 和平  絵:鈴木 まもる  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1997年  ISBN:9784309730639
父のふるさと

父のふるさと

作:立松 和平  出版社:河出書房新社  本体価格:¥951+税  
発行日:1996年08月  ISBN:9784309731155
黄色いボール

黄色いボール

作:立松 和平  絵:長 新太  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1996年  ISBN:9784309730615
雨をまちながら

雨をまちながら

作:カマクシ・バラスブラマニアン  絵:ユフス・バンガロレワラ  訳:立松 和平  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1994年05月25日  ISBN:9784309723877
森に生きる

森に生きる

文:立松 和平  写真:江本守男・高野康男・田中洋一・菊地和義  出版社:講談社  本体価格:¥1,262+税  
発行日:1993年06月  ISBN:9784062064545
海のいのち

海のいのち

作:立松 和平  絵:伊勢英子  出版社:ポプラ社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1992年  ISBN:9784591041758
山のいのち

山のいのち

作:立松 和平  絵:伊勢英子  出版社:ポプラ社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1990年09月  ISBN:9784591033401

16件見つかりました

立松 和平(たてまつわへい)さんの作品のみんなの声

  • 理想郷とは。

    我が家の小学校3年生の娘がやっている某通信教育の国語の読解問題にも出ていた書です。 江本さんの理想郷が変化していく様子に色々考えさせられました。 人間の生活と自然界の生き物たちとの共存。 子供か・・・続きを読む

  • 愚かな人間に警告

    よしながこうたくのパワーのある鬼の絵とタイトルに惹かれて図書館から借りてきました。「人間は木の本当の大切さをわかっていない愚かなものだから、せっかく水を生んでくれる木を切ってしまう。百鬼にも人間にも大・・・続きを読む

  • 重いテーマをユニークに

    絵が迫力ありますね。 どんな鬼にお話かと思ったら、環境破壊をする人間と、それを知らせようとする心優しき百鬼のお話でした。 普通の昔話のように、めでたしでは終わらない、現代を生きる人間達への想いを描・・・続きを読む

  • 牧場の家族

    このお話は、牧場を経営している家族がたくさん住んでいる田舎の村で、子牛が生まれる時のお話でした。みんな自分の家のお手伝いをしているので手際が良く、子牛の命に真剣に向き合っているさまがなんだか心打たれま・・・続きを読む

  • 夏休み

    もうすぐ夏休みがやってきます。ゆっくり、ゆっくりの孫も小学部5年ですが、「夏休みに何かを成し遂げること」を目標にするのはいいなあと思って読みました。私が一番偉いなあと感心したのは、雄二くんと、悟くんが・・・続きを読む


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット