新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
のんきな父さん

のんきな父さん

  • 児童書
作: 丘 修三
絵: 長野 ヒデ子
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

「のんきな父さん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784338222051

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
22cm/142ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

もう、こんな家にいてやるもんかと飛び出したこうじ、でも行くところもなく家のそばに放ってあった箱に隠れるが……。「箱の中」他、「のんきな父さん」「八年という時間」「キンモクセイおばあちゃん」「にえもんさん」の子どもと老人との関わりをテーマに心をうつお話5編を収載。

ベストレビュー

命と心のバトン

「長い道のりを 歩いてきたお年寄りは 人生のバトンを きみたちに渡して 去っていくのだ。 生きる喜び、悲しみ 身につけた知恵 そして 人へのやさしさにみちた バトンを。」

この本の冒頭に書かれたこの詩がたまらなく好きです。
そして、5つの物語に通じている子どもたちへのメッセージを見事にまとめていると思います。

5つの物語は、すべて死と結びついています。それでいて心和むお話ばかりです。
携帯電話をほしいと駄々をこねて、家でまがいの隠れん坊をしたこうじ君とおじいちゃんのお話。
おばあちゃんのへそくりを使い込んでしまったおじいちゃんが、シュン君をてなづけようとして、8歳の孫の成長を痛感するお話。
それからそれから、きんもくせいのおばあちゃん。にえもんおじいちゃん。
みんなとても人情味あって…。
最後はお父さんのお話だけど、お父さんが亡くなってから知ったお父さんの偉大さ。

あまり書くといけないのかもしれませんが、全部の物語が読んでくれる子どもたちにバトンを渡そうとしています。
命と心のバトン。一番感受性豊かに受け止めてくれるのは高学年から中学生のような気がします。
顔には出さず、心で受け止めてくれる子どもたち。
押し付けるのはやめましょう。

年末に最高の本に出会いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,300円
1,430円
2,750円
2,200円
946円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
10,780円
1,595円
825円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

のんきな父さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら