新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ようかいむらのふしぎとしょかん 自信を持っておすすめしたい みんなの声

ようかいむらのふしぎとしょかん 作・絵:たかい よしかず
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2022年02月24日
ISBN:9784337026131
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,137
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろい!

    ようかいむらシリーズの図書館編です。
    表紙のばく館長のイラストがかわいらしくて、私も息子も気に入りました!
    本の中から、赤ずきんちゃんに変身したぺろりさんや、ピノキオに変身した垢舐めたちが飛び出す場面は、息子が何度も見たがります。
    息子が楽しそうに読んでいるので、とても嬉しく思います。

    投稿日:2023/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の世界が体験できる!?


    運動会でヒットしたようかいむらシリーズ。
    熱が冷め切らないうちに次も借りてみました。

    今回はたまにゃとしとしとさんとじろきちたちでふしぎな図書館に行きますよ。
    表紙に描かれているのが、図書館の館長バク館長です。

    図書館へ着くと、
    みんなが次々に自分の読みたい本をリクエストします。

    すると、ししょのしみさんが本を持ってきてくれて、その本を開くと、あら不思議。


    この図書館の本を開くと、
    本の世界に連れて行ってくれるのです。

    海の絵本を借りたたまにゃは大海原を旅します。
    しとしとさんは魔法使いに捕まって、
    じろきちは外国へ行って探偵になっています。


    みんな、自分のなりたいものになれて大満足!
    どんどん新しい本を開いていき、だんだん図書館がパンパンになっています。

    えらいこっちゃな図書館です!笑
    でも、大丈夫。
    ちゃんとバク館長がおさめ方を知っています。


    みんな大満足の不思議図書館でした。
    読むだけでその世界を体験できちゃう図書館だやん私も行ってみたいー!

    今回のお話は息子の好きにめいろもあってお気に入りだったご様子でした。

    投稿日:2022/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / きょうはなんのひ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット