新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

リサ ニューヨークへいくなかなかよいと思う みんなの声

リサ ニューヨークへいく 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
ISBN:9784893092113
評価スコア 4.47
評価ランキング 10,622
みんなの声 総数 18
「リサ ニューヨークへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 切なくなってしまいます

    リサのおじさんと楽しんだニューヨークの様子。
    摩天楼やセントラルパークを楽しんだあと
    なんといってもリサが一番行きたかったのは世界貿易センター
    そこではまいごになっちゃってせっかくのおみやげも大変なことに。
    でも一人でがんばっておじさんにやっと出逢えます。
    リサのかわいい旅にほのぼのとしてしまうんですが・・・
    世界貿易センターといえば2001年のあの思いがけない事件で無くなってしまったのですよね。
    このお話を読んでなんだか切なくなってしまいました。
    一度も行った事はなかったのですが
    こんな風に子どもが楽しめるものがたくさんあるビルだったんですね。

    投稿日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • さすがリサ!

    リサって少し背伸びをしているというか

    大人びているところが、私は好きです。

    表紙を絵だって、船にのって首の赤いスカーフを

    風になびかせて、渋い顔をしてるあたりが

    何ともにくいです笑

    リサのお話なので、大好きなガスパールは

    出てきませんでしたが、ガスパールにお土産を

    選ぶところがとてもよかったです。

    リサはよくハプニングに遭遇しますが、

    解決の方法が、ちょっと特殊!

    でも、まぁ彼女の大人ぶっているけど

    やっぱり子供だったという部分を

    かわいく思いたいと思います

    投稿日:2015/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界貿易センタービル

    リサがニューヨークへ行くという、楽しいお話のはずなのですが、読みながら、せつなくなりました。
    まるで、観光ガイドブックを見ているかのように、次々と登場するニューヨークの名所。
    そして、あの世界貿易センタービル。
    テロ以前のニューヨークの様子が見られることが、せつなさを感じます。

    投稿日:2012/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニューヨークへ行きたくなります。

    今となってはなつかしい世界貿易センター。
    3歳の娘の好奇心をそそる1冊。
    まだ内容は難しいかなと思っていたけど、
    「ニューヨークへ行ってみたい!」とのこと。
    リサが迷子になるところがおもしrぴです。
    絵本の色彩もアメリカという感じでとてもきれいな絵本です。

    投稿日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこへ行ってもマイペース

    摩天楼をバックに、スカーフをなびかせているリサ、かっこいいですね。ガスパールと一緒だったら、ふざけてたりいたずらをしてるんじゃないかなと思いました。

    ニューヨークで迷子になっても、あわてずマイペースのリサはさすがです。お菓子でできたサーカステントには、私だってみとれてしまいそうです。子どもは、テントの周りの、ぞうやトラックもお菓子なのかな、と言っていました。

    どこへ行っても元気で好奇心いっぱいのリサが、ほほえましいです。ガスパールにどんなみやげ話をするのかな、と思いました

    投稿日:2008/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目移りしますね

    今回はニューヨークで迷子になったりするお話です。
    リサちゃんが64階へ行って無事におじさんに会えるけど
    日本の場合だと係りの人のところで子供が待って大人の人が
    来るのでちょっとこの部分は子供には補足で「勝手に行っては
    いけませんよ」と話さないといけないかなぁと思いました。
    ニューヨークの景色が色々出てて上の子が外国に少し興味が
    出始めているので絵を見せるのによいのではと思います。

    投稿日:2006/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あわてない、あわてない。

    トラブルが起こっても、落ち着いてそれに対する対処法を考えつくリサ。偉い。
    ニューヨークの街を楽しむリサを見ていると、ついついニューヨークに行きたくなります。

    投稿日:2006/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • リサ、迷子になる。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    表紙には、ニューヨークの街並みをバックに、リサが船の上でちょっとおすまし顔で、写真を撮っているかのようにポーズをしている姿が描かれており、思わずクスリ。
    リサがおじさんを訪ねて、ニューヨークへ一人旅。それは、素晴らしいのですが、さすがリサ、お土産を買っていたら、おじさんとはぐれてしまい、迷子になってしまいました。
    おしゃれなニューヨークが舞台で、リサと一緒に観光気分を味わえます。
    今回は、はじけた感じはありませんでしたが、そういえばリサは、まだ小さいのだなと、再認識したエピソードでした。

    投稿日:2006/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット