まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

図書室のふしぎな出会い」 しいら☆さんの声

図書室のふしぎな出会い 作:小原麻由美
絵:こぐれけんじろう
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年06月30日
ISBN:9784580822269
評価スコア 4
評価ランキング 26,505
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 「今」を大切に生きるということ

    サッカー少年の勝くんは
    夏休みなのにケガで練習は出来ないは
    レギュラーから外されるは
    図書委員の作業をひとり任されるは・・・

    勝くんだけでんあく
    ついてないことって
    誰にでもあります
    自分より大変な人が居るんだ・・・と
    思うと
    気が楽になったりするのは、私だけではないはず(笑

    勝くんは、不思議な体験をします
    今まで知らなかった図書室の地下で
    鈴の音ともに現れる貸出カードのないまゆこちゃんと

    これは・・・と、すぐに想定出来ます

    初恋?
    おかあさんの小学生の頃の友達関係と初恋

    そして、獣医の性格の素敵なお父さん
    小鳥専門獣医のお母さん との関わりも
    なんとも素敵です

    患者?患鳥?のナツメちゃんの出来事もショッキングです

    身近な「死」を感じる機会がない現代の子どもさん達
    でも・・・
    情報的には、TVでもネット、ゲーム?でも
    日々、「死」が軽々しく扱われているようにも
    私は、感じています

    「命」を考える時
    「この一瞬を大切に生きることの大切さ」
    「いつも通り」はそうではない 
    ことに気付いてほしいーという
    東日本大震災後に感じた作者さんの気持が
    注ぎ込まれた作品だそうです

    サッカーの友達 竜くんやコーチや
    お寺のたくみさんとの関わりの中で
    人の「思い」?「想い」?に気付くことの大切さも
    含まれているようにも思いました

    勝くんは、5年生
    でも、小学中学年位からOKだと思います

    投稿日:2018/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「図書室のふしぎな出会い」のみんなの声を見る

「図書室のふしぎな出会い」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット