宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」 みちんさんさんの声

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 著:坪田信貴
出版社:KADOKAWA アスキー・メディアワークス
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年12月27日
ISBN:9784048919838
評価スコア 3.5
評価ランキング 36,192
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 坪田先生もさやかちゃんもすごい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    ギャルのさやかちゃんも彼女を指導した坪田先生もすごいです。
    さやかちゃんのおかあさんの愛情も。
    素直さ、信頼関係、努力、家族、愛情…いろいろと大切なことが感じられました。
    勉強にせよ何にせよけっこう繋がっているのですよねー。何事もおろそかにはできないです。
    さやかちゃんと坪田先生の会話、おもしろかったです。ボケとツッコミ(笑)。

    投稿日:2018/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」のみんなの声を見る

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット