新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

凍てつく海のむこうに」 てんぐざるさんの声

凍てつく海のむこうに 作:ルータ・セペティス
訳:野沢 佳織
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\2,310
発行日:2017年10月
ISBN:9784001160123
評価スコア 4
評価ランキング 30,510
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • この物語のテーマは「家族」では…。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    作者のお父さん自信がリトアニアからの亡命者だったためでしょうか。
    ご自分のルーツに関わる第二次世界大戦中、東ヨーロッパでの起きた様々ことを、
    ドイツ側からでも、ロシア側からでも、二つの国の争いに巻き込まれたバルト海沿岸の国々の人からでもなく、それぞれの国の子ども(若者)たちが、その時どう想い・どう生きてきたかを描いた作品でした。

    この本を読み始めたのは11月の下旬、いつもの年より冷え込みが強く、はじめはストーブを付けていたのですが、後半はストーブを消したまま毛布にくるまって読みました。
    そうぜずにはいられない「寒さ」をわたしはこの本から感じました。

    歴史上の事実に基づきながら、描かれたフィクションの世界です。
    作者は後書きにこんなことを書いています。

    「どの国にもかくれた歴史があり、無数の物語が、それらを経験した人たちのあいだにのみ、受け継がれています」

    この物語のテーマは実は「家族」だったのではないかなぁと、思っています。
    加えて、生きること・守ること・支えあうことなどが悲惨な出来事の合間から見えてきます。
    ぜひたくさんの中高生(若者)に読んでもらいたいです。
    今後、中高生向けのブックトークのプログラムに入れて紹介できたらと、考えています。

    投稿日:2017/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「凍てつく海のむこうに」のみんなの声を見る

「凍てつく海のむこうに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


みんなで参加しよう!えほん祭

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット