季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

マチルダとふたりのパパ」 クッチーナママさんの声

マチルダとふたりのパパ 作:メル・エリオット
訳:三辺 律子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年03月
ISBN:9784265851416
評価スコア 4
評価ランキング 25,283
みんなの声 総数 3
「マチルダとふたりのパパ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 多様性について

    タイトルに惹かれて手に取りました。
    転校生のマチルダとお友達になったパール。
    マチルダには二人のパパがいると知り、パパとママのいる自分の家とは違うのだろうと想像を膨らませます。
    最近話題になった「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」をちょうど読んでいたので、多様性について、いろいろ考えさせられました。
    こういう内容のお話が、本当に当たり前になる世の中になっていくんだろうと思います。

    投稿日:2020/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マチルダとふたりのパパ」のみんなの声を見る

「マチルダとふたりのパパ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット