新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ビロードのうさぎ」 Maiyonさんの声

ビロードのうさぎ 作:マージェリィ・W・ビアンコ
絵・訳:酒井 駒子
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2007年04月
ISBN:9784893094087
評価スコア 4.83
評価ランキング 140
みんなの声 総数 122
  • この絵本のレビューを書く
  • 傑作ということでよく目にする絵本で、うちの絵本棚にもあります。

    あまりに傑作ともてはやされ、王座に君臨しているこの本に星三つで水を差して申し訳ない気もしますが、私には本当に星三つでした。

    大切にされたおもちゃ=本物

    というこの絵本独特の概念…それは別に構わないんですが、だからと言って本物の生身のウサギになれるか?と言うと、飛躍し過ぎでどうしてもそこはつながらない。

    絵本だから奇跡があるのは問題ない。
    だけど、生身のウサギになれることがこのウサギの切望した願いだったという訳でもない。ここが私にとって重要なんですよね。本人が切望したことが叶ったというならばそれは夢があってよかったのかもしれませんが。ウサギ自体、本物の意味が分かっていない。

    結末としてはそれも一つの在り方で問題ないんですが、傑作かと言われると…未だにピンときません。

    実際問題絶対に有り得ない話なのに絵だけは非常にリアルで、そして場面一つ一つの色彩が非常に暗い。そこに突拍子もない奇跡が起きるので、そのアンバランスさに違和感を感じるのかもしれません。

    ストーリーが重く、絵がリアルで暗いトーンなら、奇跡はもっと想念的なものであった方がしっくりくる。

    子供に読んでやるのに、リアルな世界観の絵を見せながら、あまり有り得ない話を伝えたくない…という気持ちです。

    扱っているテーマが『命』に関わる場合は特に。

    例えばフランダースの犬のラストや、幸せの王子、マッチ売りの少女など、死後の世界や来世で幸せになることが予想できるような余韻を残す終わり方だと、子供にも奇跡について想像の余地があるんですが、生身のウサギに変身してしまうとイメージがそれ以上広がらないんですよ。

    本物のおもちゃとは、その子供の心に永遠に生き続ける、というような扱いだったらよかったかな…。

    なんだかんだ言っても泣ける話なのは間違いないんですが。
    捨てられ燃やされるという展開には泣けても、捨てられる前日に本物に変身するというラストに涙が引っ込む感じでした。

    投稿日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ビロードのうさぎ」のみんなの声を見る

「ビロードのうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だんごむしそらをとぶ / ゆめぎんこう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット