まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

きんいろの雨」 ほかほかぱんさんの声

きんいろの雨 作:中川なをみ
絵:舟橋全二
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784774314181
評価スコア 3.5
評価ランキング 40,624
みんなの声 総数 3
「きんいろの雨」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 主人公と同じ気持ちに

    すずは、ある日山に住むおじいちゃんの家にいきます。山は秋。
    おじいちゃんの家は、カラマツの木に囲まれています。
    夜すずは、風に音で目が覚めます。風の音や夜の暗さですずは、怖くなります。すると、おじいちゃんは、「風がプレゼントの用意を始めた合図」と教えてくれます。
    この、おじいちゃんの言葉が、詩的で素敵だなと思いました。また、かぜのプレゼントってなんだろう?とワクワクします。
    次の朝、起きてみると金色の雨が・・・。
    きんいろの雨は、カラマツの落ち葉が、朝日に輝いている様子だったのです。
    きっと素晴らしい光景だったのだろうなと、想像できます。

    都会に住んでいると感じ難い夜の暗さ、風の音、朝日の輝きなどを感じられます。
    きり絵のような少し抽象的な絵が、想像力をふくらませてくれます。

    投稿日:2016/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「きんいろの雨」のみんなの声を見る

「きんいろの雨」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット