まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

鏡の中、神秘の国ヘ」 えみりん12さんの声

鏡の中、神秘の国ヘ 訳:池田 香代子
著:ヨースタイン・ゴルデル
出版社:NHK出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年11月
ISBN:9784140803462
評価スコア 3
評価ランキング 44,343
みんなの声 総数 1
「鏡の中、神秘の国ヘ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 死にかけた少女の話

    重病の少女セシリエが天使ありえるとともに死にかけていくストーリーで、全体に暗い。エデンの園は子供時代のことだとかいう比喩は面白かった。また、北欧の神話の話もなかなか面白い。しかし、ラストが救われないので、子供向けとしては少し厳しいのではないかと思われた。

    投稿日:2012/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「鏡の中、神秘の国ヘ」のみんなの声を見る

「鏡の中、神秘の国ヘ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット