宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いもほり コロッケ」 にぎりすしさんの声

いもほり コロッケ 文:おだしんいちろう
絵:こばようこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年05月09日
ISBN:9784061325371
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,666
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • じゃがいも堀もたのしいね〜

    いもほりと言ったら さつまいもが定番ですが、 じゃがいもほりは はるかな?
    軍手をはめて ながぐつはいて スコップ持って じゃがいも畑へ
    まさおくん もう掘っています   先生に怒られています
    こんな子もいるような・・・・
    なかなかじゃがいもが見つけられず やっとみつけた まさおくん  軍手もぬいで 素手でもぐらの手で   わあ〜!  おおきな大きなじゃがいもだ!
    いつもは仲良しの てっぺいくんとけんかすごく真っ黒けになってる〜

    じゃがいもはお母さんが コロッケ作っってくれました
    一緒にお母さんと作るところが リアルでいいですね〜
    涙流して玉ねぎを切る お母さん 
    わ〜っ 美味しそう   忘れられない味ですね! 思い出いっぱいですね
    とくせいソースの作り方がいいですね〜  すりごま入りが 決め手なんですね

    絵日記もいいですね!(子供の気持ちが 優しい!

    投稿日:2018/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いもほり コロッケ」のみんなの声を見る

「いもほり コロッケ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット