しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

カンヴァスの向こう側 少女が見た素顔の画家たち」 capellaさんの声

カンヴァスの向こう側 少女が見た素顔の画家たち 著:フィン・セッテホルム
訳:枇谷 玲子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784566024199
評価スコア 4
評価ランキング 27,349
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • うっかり絵に触ったら

    タイムトラベル系のファンタジーガ好きなので
    読んでみました。
    大人向けでは「犬は勘定に入れません」とか
    ケルスティン・ギアの「紅玉は終わりにして始まり 」などのシリーズが
    思い出されますが、こちらはそれらより少し小さい人が主人公です。

    12歳の少女が祖父と美術館に行き、突然消えてしまった。
    それはストックホルムの出来事。
    リディアは、鉛筆と小さなスケッチブックを持って、レンブラントの絵の世界に行ってしまいます。
    第一章はレンブラントの「キッチンメイド」。
    まさに、そのメイドとレンブラントの家で数日を過ごしたリディアは、
    次にスペイン国王のもとで、王女マルガリータの絵を描くベラスケスに出会います。
    こんな風に触れた絵の中に一瞬にしてタイムスリップしてゆく少女のお話です。
    レンブラント、ベラスケス、ダヴィンチ、ドガ、ターナー、ダリ、絵画の巨匠たちのお話も面白いです。
    私は、ダヴィンチとターナーの人柄に、あらためて興味が沸きました。
    続編もあります。

    投稿日:2017/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カンヴァスの向こう側 少女が見た素顔の画家たち」のみんなの声を見る

「カンヴァスの向こう側 少女が見た素顔の画家たち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット