宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

うちだ ややこ

うちだ ややこ

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

恋するひと

恋するひと

作・絵:レべッカ・ドートゥルメール  訳:うちだ ややこ  出版社:朔北社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2005年02月  ISBN:9784860850227
岸辺のふたり

岸辺のふたり

作・絵:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット  訳:うちだ ややこ  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2003年  ISBN:9784774306537
  ためしよみ
たいせつなこと

たいせつなこと

作:マーガレット・ワイズ・ブラウン  絵:レナード・ワイズガード  訳:うちだ ややこ  出版社:フレーベル館  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2001年09月  ISBN:9784577022887

3件見つかりました

うちだ ややこさんの作品のみんなの声

  • 安堵

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    アニメーションにもなっているそうですが、 このお話は絵本ならではのモノクロの世界が似合いますね。 子どもにも読んでみましたが、 最後の場面で「お父さんが帰ってきたね」と 喜んでいました。・・・続きを読む

  • 親にとっての大切なこと 

     児童虐待のニュースを目にするたびに暗澹たる思いになります。  特に自分の子供に対する虐待は、何故という疑問とともに、虐待する側の親たちはどんな幼年期を過ごしてきたのだろうかとも思います。  本来・・・続きを読む

  • 大人のための絵本

    7歳の息子と読みましたが、少し難しかったようです。 たいせつなことというタイトルの通り、いろいろなモノの本質について書かれていますが大人でもそのメッセージについて考えるのは難しく、とても奥深い本だと・・・続きを読む

  • 大事なのは

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     大事なことはね、  始めと終わりと、同じ文章がページごとに繰り返されるそのリズム。  大事なことはね、 初めと終りと、同じ文章なのに「But」でつなぐオモシロさ。  マーガレットのこころ・・・続きを読む

  • 翻訳もいい

    内田裕也、樹木希林の娘、本木雅弘の妻の、うちだややこさんの翻訳です。 原文が分からないので憶測ですが、この翻訳、かなりいけてるんじゃないかと感じます。 日本語の詩としても、とても素敵です。 ・・・続きを読む


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット