ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

  • 講談社文庫 穴 HOLES
  • 穴

2件見つかりました

幸田敦子さんの作品のみんなの声

  • 穴

    再度読みなおし

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    中学生ぐらいのとき読んで 正直あまり面白いと思わなかったけど、 よく本でお勧めされていたので 再度読みなおしました。 過去の話や伏線も多いとあらかじめ分かったうえで 読むとまるで推理小説・・・続きを読む

  • 大人でも楽しめます

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子5歳

    無実の罪に着せられ、矯正キャンプに連れて行かれたスタンリー。 そこはキャンプとは名ばかりの、見渡す限り干からびた土地が果てしなく続く、かつての湖の底だった。 過酷な環境の中でスタンリーは日々、きめ・・・続きを読む

  • 穴

    運命は変えられる

    • おおたんさん
    • 40代
    • ママ
    • 山梨県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    厚くて読みごたえのある本ですが、小5の息子は夢中で読んでました。 主人公スタンリーは、何をやってもツイてなく、運にも見放され 無実の罪で更生施設に送られます。 そこでは、ただただ穴を掘り続け・・・続きを読む

  • 穴

    一気に読みました

    てっきり子供用の絵本だと思っていたら 結構分厚い小説でした。 ですが大人でも、とても楽しい小説です。 時代や、場所が行ったり来たりするし、 人種問題なども含まれることを考えると、奥が深・・・続きを読む

  • 穴

    仲間を思う気持ち

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    ひいひいじいさんの代から不運に見舞われている少年スタンリー。 無実の罪で送られた矯正施設で、奇妙な作業をさせられます。 それは、毎日ただただ穴を掘るということ。 数奇な運命を受け入れるしかなかっ・・・続きを読む


【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット