オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

るらはママさんの公開ページ

るらはママさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女の子4歳 男の子1歳

るらはママさんの声

191件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ほげちゃん!  投稿日:2020/05/27
ほげちゃん まいごになる
ほげちゃん まいごになる 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
今回も人間臭くて愛くるしい「ほげちゃん」が大活躍するお話でした。

前作と異なり、今回は家族のおでかけに一緒に連れてきてもらえたほげちゃん。しかし、外出先の動物園で「落とし物」になってしまいます。

ほげちゃんに笑ったり、心配をしたり。
目が離せない展開、おもしろかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい  投稿日:2020/05/27
うんちしたのはだれよ!
うんちしたのはだれよ! 作: ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵: ヴォルフ・エールブルッフ
訳: 関口 裕昭

出版社: 偕成社
地上にやってきたもぐらくん。
土から顔を出したとき、誰かがタイミングよくもぐらきんの頭の上にうんちを落としていきました!

動物のうんちは知っているようで知らなかったので、「いろいろな動物のうんちが見られる」という意味でも、とても興味深くおもしろい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今回もおもしろい!  投稿日:2020/05/27
ノラネコぐんだん そらをとぶ
ノラネコぐんだん そらをとぶ 著者: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
いつもおもしろいノラネコぐんだん。

今回は、勝手に飛行機に乗り込んで出発してしまいます。その結果、諸事情により無人島に不時着することになりました。

ノラネコぐんだんの無人島の生活があまり描かれていませんでしたが、見てみたかったです。想像しただけで、楽しそうです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リアル?かわいい?  投稿日:2020/05/26
いもむしれっしゃ
いもむしれっしゃ 作・絵: にしはら みのり
出版社: PHP研究所
リアルなようで、でもどこかかわいらしい「いもむしれっしゃ」。
虫は苦手ですが、楽しく読ませていただきました。

「虫たちの世界がこんなふうに描かれていたら、もっと虫に興味が持てたかも」と思うくらい、ストーリー、世界観が良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろかったです  投稿日:2020/05/26
まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし
まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし 作: 富安 陽子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
やまんばの娘と知らず、「まゆ」に声をかけた鬼。
相手が鬼と知らずにその誘いについて行ったまゆ。

鬼の穴だらけの作戦が、思惑のボタンの掛け違いのような展開で…
「最後はまるく収まって良かったね」という感じのお話でした。

おもしろかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 卒園にあわせて  投稿日:2020/05/26
ぼくたちのきせき
ぼくたちのきせき 作: 中川 ひろたか
絵: あずみ虫

出版社: 鈴木出版
「保育園の同級生」

そういう存在にお互いがなれたことが、どれほどの小さな奇跡の積み重ねの結果か…

そんなことに思いを馳せさせてくれるお話でした。
短い言葉で淡々と書かれていた点も良かったです。

ぜひ、卒園にあわせて読みたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 憎めない  投稿日:2020/05/26
だめよ、デイビッド!
だめよ、デイビッド! 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
いたずら好きのデイビッドが、ひたすら「ダメよ!」と叱られるお話でした。

でも、それがどこかくすりと笑える内容で、そしてデイビッドが憎めないから不思議です。
最後のページは少し唐突な気がしましたが、いろいろ考えると「親」としては納得です。

この作品はシリーズのようなので、他の作品も読みたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春満開のお話  投稿日:2020/05/26
モリくんのいちごカー
モリくんのいちごカー 作: かんべ あやこ
出版社: くもん出版
きつねさんのお誕生日パーティーをすることにしたモリくんたち。
こっそり準備をするために、春さがしゲームをします。

春らしさ満開のお話で、とてもおもしろかったです。
モリくんが準備したいちごカーも素敵でしたが、綿毛カーはもっと素敵でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 時計の勉強  投稿日:2020/05/14
とけいのほん 1
とけいのほん 1 作・絵: まつい のりこ
出版社: 福音館書店
時計の読みかたがまだわかっていないお子さんへの「入門編」としてちょうど良い絵本だと思いました。
説明がとてもわかりやすかったです。

00分、半(30分)の読みかただけが扱われていて、その読みが繰り返し、問題として呈示されています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょうど良い恐さ  投稿日:2020/05/14
ベッドのしたになにがいる?
ベッドのしたになにがいる? 作・絵: ジェームズ・スティーブンソン
訳: つばきはらななこ

出版社: 童話館出版
寝る前にいつも聞こえているはずのささやかな「音」が妙に気になってしまう…
これは「子どもあるある」だと思います。

そんな「子どもあるある」に関するお話が、ほどよい恐さとドキドキ感で描かれていました。

大人には少し物足りない感じがありましたが、娘にはちょうど良かったようです。
参考になりました。 0人

191件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット