新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ゆきのようせい

ゆきのようせい

  • 絵本
作: 松田 奈那子
監修: 石黒 誠
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年10月28日
ISBN: 9784265081790

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「さあ そろそろ いかなくっちゃ」

土の中で目を覚ましたのは、一ぴきのゆきむし。生き物たちに冬の訪れを知らせにゆくのです。仲間たちは、すでに次々と飛びだっています。そのゆきむしも、慌てて追いかけますが、思うように飛べません。

「とびかたを おしえてくれない?」

まわりの虫たちに聞きながら、やっとふわりと風に乗り、もうすぐ冬が来ることを告げてまわります。ところが、みんなは既に知っているみたい。自分の知らせはいらないのかも……と落ち込みかけた時、一人の子どもが彼の姿を見つけるのです。

もうすぐ冬がやってくる頃、雪が舞うように飛ぶために「雪虫」と呼ばれるこの虫は、北海道や東北地方で主にみられるアブラムシの仲間。この神秘的な姿が、冬の風物詩として親しまれてのだそう。北海道出身の絵本作家・松田奈那子さんが、この小さな冬のお知らせを、愛らしく描き出します。

季節が移りかわる朝、すーんとした冷たい空気に包まれるその感覚。そこにふわりと現れる「ゆきのようせい」。厳しいだけではない、また違った表情をした冬のイメージを見せてくれています。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

秋のおわり、雪虫は森から街まで、あらゆるいきものたちに冬の訪れを知らせにゆきます。
ある一匹の雪虫も、りすやくまのおやこたちのところへ伝えに行きますが、もうすでに知っていたようです。
せっかくきたのに…と落ち込む雪虫。しかし街につくと子どもたちが見つけてくれました。
そのとき、ある奇跡が…。

雪虫は北海道・東北地方で主に見られる虫で、アブラムシの仲間です。白くて、ゆっくりふわりと雪が舞うように飛ぶため、「雪虫」と呼ばれるようになったそう。

神秘的な雪虫を、鮮やかな季節の移り変わりと共に優しく描きます。

ベストレビュー

興味をひかれる

まず、表紙のかわいさにひかれました。主人公は雪虫なのですが、雪虫に縁のない地域で住んでいるので、わくわくしながら読み進めました。ほんわかあたたかいお話。幻想的ないきものに、ますます興味をひかれました。絵もカラフルでかわいいです。
(あんじゅじゅさん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

499円
880円
1,100円
14,300円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

10,780円
605円
2,200円
1,980円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ゆきのようせい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら