しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

あんじゅじゅさんの公開ページ

あんじゅじゅさんのプロフィール

その他の方・40代・高知県

あんじゅじゅさんの声

1095件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ほのぼの  掲載日:2018/6/18
おやすみなさい くまくん
おやすみなさい くまくん 作: パッツィ・スキャリー
絵: リチャード・スキャリー
訳: 木坂 涼

出版社: 好学社
リチャード・スキャリーの絵だったので、読んでみました。
おやすみの時間になっても、ねむたくないこぐまちゃん。そんなこぐまちゃんの行動がなんともかわいくて! しかも、その気持ちにしっかりつきあうお父さんぐまがすてきです。ほのぼのする絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい幼年童話  掲載日:2018/6/18
ちゃめひめさまとあやしいたから
ちゃめひめさまとあやしいたから 作: たかどの ほうこ
絵: 佐竹 美保

出版社: あかね書房
たかどのほうこさんの本が好きなので読んでみました。
ちゃめひめは、名前どおりおちゃめで元気なおひめさま。お友達のペピーノ王子も似た性格で、二人が一緒になると、更にパワーアップ。
二人がひきおこすできごとに、わくわくしますね。
佐竹さんの絵もかわいくて、とっても楽しい幼年向けの童話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心あたたまる  掲載日:2018/6/18
ガストン
ガストン 文: ケリー・ディプッチオ
絵: クリスチャン・ロビンソン
訳: 木坂 涼

出版社: 講談社
かわいい表紙にひかれて読んでみました。
犬たちもかわいく、短い文章はくりかえしもあって楽しいのですが、お話はしっかり考えさせられる内容です。なにより、読み終わった時、心があたたかくなりました。
子どもはもちろん大人にもおすすめの絵本だと思いkます。

参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい かわいいお話  掲載日:2018/6/18
おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん
おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん 作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子

出版社: ポプラ社
私も小さい頃よんでいたおばけのアッチ。大人になってはじめてよんでみれば、今はドララちゃんという新キャラクターが活躍してるんですね!
偽物と本物のドララちゃんのやりとりもおもしろく、一気に読んでしまう展開でした。やはり、小さい子どもがおもしろくよめる、安定のかわいいシリーズにほっこりしました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物たちに釘付け!  掲載日:2018/6/18
ぽつぽつぽつ だいじょうぶ?
ぽつぽつぽつ だいじょうぶ? 作: しもかわら ゆみ
出版社: 講談社
かわいらしい表紙にひかれて読んでみました。
絵がとっても素敵ですね! 動物たちが詳細にリアルに描かれていながら、なんともかわいらしい表情で、どのページも目が釘付けになりました。梅雨の今、ぴったりの絵本だなあ、と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 会話がおもしろい!  掲載日:2018/6/7
ほうちょうさん ききいっぱつ
ほうちょうさん ききいっぱつ 作・絵: 宮西 達也
出版社: 教育画劇
表紙のほうちょうの表情に興味をもって読んでみました。会話がコミカルで、いきおいがあって、なんともおもしろいです! 調理器具たちがくりひろげる人情話。ひきこまれました。読み終わるときには、ほっこりあたたかい気持ちになる展開も良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像の世界へ  掲載日:2018/6/7
わたしだけのものがたり
わたしだけのものがたり 作・絵: パメラ・ザガレンスキー
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
「おひめさまはねむりたくないけれど」で、ザガレンスキーの絵に魅せられて、この絵本も読んでみました。主人公エミリーとともに、想像の世界にいざなわれるような物語です。すばらしい絵がなんとも魅力的で、エミリーと同様、どんな物語がうまれるのかわくわくしてくるようなページばかりでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目を奪われます  掲載日:2018/6/5
ライオン1頭
ライオン1頭 文: ケイティ・コットン
序: ヴァージニア・マッケンナ
絵: スティーブン・ウォルトン
訳: 木坂 涼 岩城 義人

出版社: BL出版
大きいサイズいっぱいに描かれた迫力あるライオンの表紙にひかれて読んでみました。
ページをひらいて、さらにびっくり。精巧に描かれたモノクロの絵は、本当にどれもすばらしくて目を奪われます。
数と一緒にえがかれた野生動物たち。といっても数字の絵本ではありません。そえられた解説にその数の意味、野生動物への作者の強い思いが伝わってきました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほほえましい  掲載日:2018/6/5
くまさん どこ?
くまさん どこ? 作: ジョナサン・ベントレー
訳: 林 木林

出版社: 講談社
タイトルどおり、男の子がくまさんを探します。短い言葉ですが、かわいい絵が物語っていて、おもしろいです。思いかけない展開にちょっとびっくりしつつ、ほほえましい気持ちで読み終わりました。小さい子どもから楽しめる、おやすみ前にぴったりの絵本かなあ、と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新鮮  掲載日:2018/6/5
シロナガスクジラ
シロナガスクジラ 作: ジェニ・デズモンド
訳: 福本 由紀子

出版社: BL出版
シロナガスクジラについてのことが、わかりやすく、おもしろく書かれていて、大人が読んでもとても新鮮でした! 絵本と図鑑のいいところをとったような本です。
絶滅危機のシロナガスクジラ。まずは、この本がきっかけで、たくさんの子どもたちが興味を持ってくれるといいなあ、と思います。
参考になりました。 0人

1095件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット