もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あんじゅじゅさんの公開ページ

あんじゅじゅさんのプロフィール

その他の方・40代・高知県

あんじゅじゅさんの声

1052件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 幻想的な絵  掲載日:2018/1/18
リスベート・ツヴェルガーの聖書物語
リスベート・ツヴェルガーの聖書物語 文: H.ヤーニッシュ
絵: L.ツヴェルガー
解説: M.イェシュケ
訳: 小森 香折

出版社: BL出版
ずっしりとした豪華な本です。聖書はよく知らないので、よみにくいかとも思ったのですが、ツヴエルガーの絵がみたくて、読んでみました。
聞いたことがある有名なお話ばかりがとりあげられていますし、文章も読みやすく物語をよむように読めます。
そして、なにより、独創的で幻想的なツヴェルガーの絵がすてきでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しいファンタジー  掲載日:2018/1/10
狛犬の佐助
狛犬の佐助 作: 伊藤遊
絵: 岡本 順

出版社: ポプラ社
以前読んだ、伊藤遊さんの本「鬼の橋」「えんの松原」など、読み応えのある児童文学がおもしろかったので、手に取りました。
狛犬にやどっているのは、狛犬をほった親方と弟子。その設定からしておもしろく、ひきこまれるのですが、二人のかけあいがとっても楽しいんです。お話も心温まる展開で、読み終わってほんわかした気持ちになりました。
これから神社を訪れるときは、狛犬に話しかけてみたいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 空飛ぶ場面  掲載日:2018/1/10
雲の森のマーカス
雲の森のマーカス 絵: なつのはむと
文: 松井 亜弥

出版社: 創藝社
アニメをみているような感じが新鮮でした。特に空を飛ぶ場面がいいな、と。飛行機の動きや空の景色などわくわくします。
文章は簡潔でよみやすく、物語の展開も小さな子どもたちが楽しめそうです。クラウドフォレストやシープクラウドなど、住んでいる場所のおもしろさが興味深かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 復刻してほしいです!  掲載日:2018/1/10
オーラのたび
オーラのたび 作: ドーレア夫妻(イングリとエドガー)
訳: 吉田 新一

出版社: 福音館書店
「ひよこのかずはかぞえるな」でドーレア夫妻の絵が大好きだったので、読んでみました。ノルウェーに住む少年オーラの不思議なたびの様子がえがかれています。なんといっても、北欧の景色がとても美しいです。
わくわくするお話に、壮大な絵。絵本ならではの楽しさを満喫しました。
すてきな絵本なので、復刻してほしいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 飛んでいる感覚  掲載日:2018/1/6
雲へ
雲へ 作・絵: 黒井 健
出版社: 偕成社
黒井健さんの少年時代の夢だったのですね。 ありえないことだけれど、不思議とリアルな、飛んでいる感覚がつたわってくるような絵本に思えました。なんといっても、絵がすてきで、ひきこまれます。
子ども時代、空をとびたいと思ったとき、この絵本とであいたかった、と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いぬ年に!  掲載日:2018/1/5
ヌードル
ヌードル 作: マンロー・リーフ
絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 福本友美子

出版社: 岩波書店
戌年なので、読んでみました。
ダックスフンドのヌードル、穴をほるのに、もっと便利な体型になりたいと思います。そのときに、犬の妖精があらわれて……。
やっぱり自分が一番いいと自然と思えるお話に、ほのぼしました。
少しこぶりな絵本のサイズに、ベーメルマンスの絵がかわいくて、すてきな絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵!  掲載日:2018/1/5
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
大人になって、久々によんでみると、とっても素敵だったのでおどろきました! 明るい色合いもきれいで、どのページもじっくりみてしまいます。部屋にかざりたくなるような絵だなあ、と。
探す楽しみがある小さな子どもたちはもちろん、大人としては絵のきれいさにうっとりでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛にみちたお話  掲載日:2017/12/26
こねこのクリスマス
こねこのクリスマス 作: ターシャ・テューダー
絵: エフナー・テューダー・ホールムス
訳: 辻紀子

出版社: いのちのことば社フォレストブックス
ターシャ・テューダーの絵がすきなので、読んでみました。
絵はもちろん素敵なのですが、やさしくてあたたかいお話に感動しました。森の動物たち、こねこや男の子たちみんなが幸せを感じる展開のクリスマス。愛にみちていて、心あたたまります。クリスマスといわず読みたい絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一年をとおして楽しめる  掲載日:2017/12/25
ラップランドのサンタクロース図鑑
ラップランドのサンタクロース図鑑 作・絵: ベッカ・ヴォリ
訳: 迫村裕子

出版社: 文溪堂
図鑑というだけあって、読み応え十分でした。サンタクロースとお手伝いトントゥたちとサンタクロースの奥さんの暮らしぶりが、一年をとおしてえがかれていて、おもしろかったです。特に冬のラップランドの風景がすてきだなあ、と。クリスマス間近はもちろん、一年をとおして楽しめるクリスマス絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい絵  掲載日:2017/12/25
まんまる おつきさまを おいかけて
まんまる おつきさまを おいかけて 作・絵: ケビン・ヘンクス
訳: 小池 昌代

出版社: 福音館書店
こねこがおつきさまをミルクのお皿と思っておいかけるお話です。
言葉もすくなく、わかりやすいストーリーなので、小さな子どもたちから楽しめる絵本です。なんといっても、モノクロではっきりとした線でえがかれた絵が、とってもかわいいです。
参考になりました。 0人

1052件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット