新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

読みきかせ大型絵本 きつねのでんわボックス (全1巻)

読みきかせ大型絵本 きつねのでんわボックス (全1巻)

  • 絵本
作: 戸田 和代
絵: たかす かずみ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

税込価格: ¥10,450

「読みきかせ大型絵本 きつねのでんわボックス (全1巻)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年08月
ISBN: 9784323033082

48×50cm

出版社からの紹介

「子どもへの思いをあらためて感じさせてくれました」
感動の声が続々と寄せられ、40万人が涙した母と子の物語が大型絵本で登場です。
ページをめくると1メートルの大画面です!

町はずれのでんわボックスにあかりがともるころ、びょうきのおかあさんにでんわをかけにやってくる男の子と、それをそっと見まもる子どもをなくしたかあさんぎつねのお話。

ベストレビュー

大きいと迫力があります。

きつね親子がいて、元気に暮らしています。子供を生んだときにお父さん狐は死んだけど、親子二人で、、、でも、ある日、寒気がしている子狐が死んでしまいます。偶然見かけた男の子のおしりに尻尾がはえているような気がした母狐は毎日その子を見守ります。入院中のお母さんへの電話の内容を聞きながら。でもある日、電話ボックスが使えなくなり、母狐が男の子のために、やっと一度だけ、電話ボックスに化けられます。お母さんのふりをしてしゃべって、、、でもその子は引っ越すことが分かります。がっくりした母狐を今度は電話ボックスが光ってなぐさめます。

大きいサイズで、迫力がありますね!

最後は明るく終わりますが、もし自分の子がいなくなったら、、、と想像するだけで泣けそうになりました。すごく切ないお話です。人間には良いけど、母としてはつい狐に感情移入してしまったので寂しい気分です。狐にも新しい出会いがありますように。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

11,000円
1,760円
1,320円
1,320円
9,350円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
10,780円
1,320円
440円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

読みきかせ大型絵本 きつねのでんわボックス (全1巻)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら