話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

福音館文庫 つる姫

福音館文庫 つる姫

  • 児童書
作: 阿久根治子
絵: 瀬川 康男
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥825

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年06月
ISBN: 9784834019827

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
17X13cm・320ページ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

時は戦国時代、瀬戸内海に浮かぶ大三島を拠点とする三島水軍の総領の美しい娘、つる姫。しかし時代の波は、つる姫をも容赦なく巻き込んでいく。女の身ながらつる姫が出陣する日が来た。相手は圧倒的な大軍を擁する周防の大内家。苦戦する村上水軍から相手の大将船にむかって、つる姫の最愛の許婚、明成が漕ぐ爆薬を積んだ火舟が矢のようにつっこんでいく…。史実をもとに描かれた一大ロマン。カラー挿絵を生かした待望の復刊です。

福音館文庫 つる姫

ベストレビュー

戦国時代の大ロマン

戦国時代の物語だということを、忘れてしまうくらいの姫と若武者の淡い恋愛物語に、最後の落とし穴は衝撃でした。
平和な時代に培われた幸せは、戦の中ではあまりに脆いのです。
フィクションなのに、今の時代に重ね合わせてしまいました。
婚礼を目前に戦いに散らねばならなかった明成は、あまりに哀れです。
守られたつるは、城主としてこれからの時代をどのように生きるのでしょうか。
一人で婚礼衣装を着たつる姫の、ラストシーンが鮮烈です。

ところで、この物語10代の若者たちの物語として描かれていることには脅威を感じました。
昔は様々なことが早送りだったのでしょうか。

(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,980円
1,466円
935円
3,850円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,520円
3,300円
2,640円
880円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

福音館文庫 つる姫

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら