話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

あな」 ママの声

あな 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:福音館書店
税込価格:\1,100
発行日:1983年03月
ISBN:9784834009217
評価スコア 4.43
評価ランキング 11,629
みんなの声 総数 115
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

98件見つかりました

最初のページ 前の10件 6 7 8 9 10 次の10件 最後のページ
  • 満足な気分を味わえます!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    『幸せの絵本』に載っていて、まだ読んだことのない絵本。
    さっそく読んでみようと借りてきました。

    上にめくる、まずそれだけでいいですね♪
    その方が、地面の上と地面の下(確かそんな題名の絵本もありますよね?!)の両方がよく見えておもしろいです。

    何もすることがないから、主人公のひろしが穴を掘って埋めるだけというシンプルすぎるくらいのストーリー。
    それに負けず、絵も無駄な線がないというか、表情もほとんど変わらない。でもそこがかえって魅力だったりします。
    こんなにシンプルなのに、詩的(さすが!谷川俊太郎さん)な言葉がいつまでも、心に残り、結局自分の穴を埋めてしまったひろしのように、満足な気分を味わえます。

    それぞれの登場人物に対するひろしの答え方や、妹の持っているぬいぐるみが今でも人気のある有名なキャラだったり、表紙の絵が実はとあるページを別の視点からとらえた絵だったり・・・見れば見るほど発見もありますよ!

    投稿日:2004/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供はよくやります

    • ミブノさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、男の子6歳、男の子4歳

    あな?はじめは何?と思いました。でも家の子供も主人公のひろしくんのようにあなをよく掘ります。ひろしくんはあなを自分だけの城のようなつもりで掘ったのでは?私はそう思いました。どんどんほっていく様子がなんとものんびりマイペースでほのぼのしていて、読みやすく聞き取りやすいです。小さな子供を持つお母さんに是非読んで欲しいです。もちろん掘った穴は必ず元に戻すこと。それはこの本にもちゃんと書いてありますよ。

    投稿日:2003/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何もすることがないとき

    • ジュノンさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳、女の子0歳

    何もすることがない時に、「穴を掘る」という発想をすることが子供のすごいとこだなぁと思うのですが、そういえば私も子供の頃穴を掘った覚えがあるなぁと、主人公の男の子の気持ちとだぶったところがありました。
    ただ無心にもくもくと穴を掘り続け、「このまま地球の裏側まで掘ってしまったらどうしよう」と考えたりもしました。この主人公の男の子もそんな気分だったのでしょうか?
    汗だくになって掘った穴に入って空を見上げる...いつもと違った空が見えたに違いありません。
    とってもシンプルな絵本なのに、いろんなことを考えてしまう大人にもなかなかいい絵本なのでは?と思います。

    投稿日:2003/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 達成感が味わえる

    • えちゅこさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    穴を掘って、また埋める。そんな内容の本ですが、子どもはこの絵本の虜になったみたい。
    幼稚園の砂場で穴を掘って遊んでいるのと重ね合わせたのかもしれません。
    ひろしがすっぽりはいれる穴を掘り終えたときの達成感、すがすがしさを子どもも一緒に感じてたみたいです。
    それぞれひろしに話しかける言葉が個性を表していておもしろいです。

    投稿日:2003/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な絵本

    谷川さんのシンプルな絵本です。たてにめくっていくスタイルの本なのですが、主人公の僕が、夢中になって地面に穴を掘っていくのです。そして、穴にはいってじっくりとかんがえてみるのですが、なんともいえない感覚を残す本で、子供たちもじっと本を読み終えるのを聞いていました。

    投稿日:2003/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜかこどもはお気に入り

    • ごくうさん
    • 30代
    • ママ
    • 奈良県
    • 男の子4歳、男の子0歳10ヶ月

    穴をどんどんほって又埋めるというお話ですが、和田誠さんの絵とお話の内容がとてもマッチして、息子にはとても興味深かったようで、読んだあともじーっと絵を見ていました。興味があることをとことん納得するまでやりとげることの大事さを教えられました。

    投稿日:2002/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • あな掘り

    ひろし君が日曜になにもすることがないからと、はじめたあな掘り。ただあなを掘っていくだけの話なのですが、不思議な感じの絵本です。読んだ後自分のちょっとあなを掘ってみようかな?なんて思うかも。

    投稿日:2002/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルでも奥が深い

    • OPENさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子10歳、女の子4歳

    一人の少年が(あな)を掘るだけの物語ですが、和田誠さんの画の素晴らしさもあり、読んでいて自分が穴の中に居るような錯覚を覚えます。また、視覚、嗅覚、触覚、聴覚の想像力をかき立てる本です。内容が、シンプルなので小さい子から小学生まで楽しめます。

    投稿日:2002/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

98件見つかりました

最初のページ 前の10件 6 7 8 9 10 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / 小型絵本 バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

全ページためしよみ
年齢別絵本セット