新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

チロヌップのきつねなかなかよいと思う みんなの声

チロヌップのきつね 文・絵:たかはし ひろゆき
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1972年
ISBN:9784323002316
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,271
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争というよりは共存がテーマ

    戦争の絵本として紹介されることもありますが、テーマとしては”共存”の方が強く感じる絵本です。
    人間と人間、人間と動物
    立場によっては、争ったり、寄り添ったり…
    そのことを、丁寧に描かれているので、文学作品として心にしみてきました。
    絵も美しいです。

    高学年以上向けとは思いますが、子どもたちには、この作品に出会っていろんなことを感じてほしいと思います。

    投稿日:2017/10/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 悲しいです・・・

    タイトルは知っていましたが

    どんなお話かは全く知りませんでした。

    絵本をめくった表紙の裏に

    作者の言葉が書いてありました。

    どこへも向けようのない怒り!として

    長文でこのお話を作った経緯がかかれていました。

    チロヌップとはアイヌ語できつねの意味だそうです。

    作中では島の名前として使われています。

    この島にいるきつね一家と初老、

    またきつねと戦争のお話ともいえます。

    この島に来た初老は

    魚をとったり、海苔をとったりします。

    島にあるむすめ地蔵の横に小さなきつねが1匹。

    赤いリボンをつけてあげて、一緒に過ごします。

    一旦帰った初老は小さなきつねを放してやりました。

    その後です。

    戦争のせいできつねの親子は殺されてしまいます。

    それが釈然としません。

    生き物をわざわざ殺す必要はあったんでしょうか。

    お父さんきつねはみんなのおとりになり死に

    お母さんは足に傷を負い、

    小さいきつねはワナに足を挟まれました。

    もうワナは外せないので

    お母さんは食糧を運んだりしました。

    降り積もる雪が残酷で

    お母さんきつねと小さなきつねは

    寄り添ってそのまま死んでしまいました。

    春になってあの夫婦がまたきましたが、

    戦争が終わるまで島にはきてませんでした。

    あれから何年も経っているので

    かなり老けていました。

    きつねざくらという花がたくさん咲いています。

    あの親子がいた場所を囲むように咲いています。

    一つだけ赤いリボンのように赤く咲いています。

    ただただ悲しいお話です。

    投稿日:2023/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生のときに読みました。
    誕生日プレゼントに、祖父が買ってくれた本です。
    誕生日に暗いお話の絵本だったので、すこし落ち込んだのを覚えていますが、何度も読むうちに、涙がとまらなくなりました。
    ただ平和に仲良くくらしていただけのキツネの家族が、人間が勝手に始めた戦争に巻き込まれていきます。
    戦争は不幸しか生まないと、改めて感じた絵本でした。

    投稿日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んであげるなら、年齢や場所を選んで

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    中2の娘と一緒に読みました。
    で、二人で「これって、子供向けの絵本って書いてあるけど、意外と大人の絵本だよね〜」なんて言っていたのですが…。

    ナビの感想をいくつか読ませていただいたら、小学校の時に「買ってもらったり、読んでもらったりして感動した」という声もあったので、
    いわゆる戦争のための飛び火のような、難しい物語だけど、
    小さくても分かる子はわかるんだなぁと、変な感動をしてしまいました。

    ただ、今の小さい子は「戦争」そのものをあまり身近に感じていないと思うし、読んであげる年齢や場所は選ぶ絵本ではないかな、というのが、私の素直な感想です。

    それにしても、きつねの親子愛は素敵でしたね。
    きつねの生体のことは詳しく知りませんが、実際のきつねも家族愛が強いのでしょうか?

    投稿日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心打たれるものがあります

    とても切ない気持が残るお話でした。

    絵も丁寧に描かれていて、好感が持てます。

    きつねの親子の情愛に、心打たれるものがあります。

    きつねの子を思う老夫婦の思いや優しさもとても伝わってくるものがありました。

    背景に、戦争があるので、その切なさが一層深く伝わってくるように思いました。

    投稿日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「絆」

    『チロヌップのきつね』は極限状況における親子の主に「絆」をテーマとしている物語です。
     チビコが鉄の鎖に捕まって罠にはまってしまったとき、お父さんギツネは自分の安全を省みずチビコに近づいてきた兵隊(人間)に向かっていくことでチビコを助けようとしました。
     また、お母さんギツネは罠にはまって動けないチビコにお腹を空かせないようにとチビコのもとに餌を運んだり、寒さから守るため雪から守るように寄り添いました。
     お父さんギツネの行動も、お母さんギツネの行動もどちらとも、親の子を思う気持ちがひしひしと伝わってきます。
     生きていく上で、受け入れなければいけない運命に直面することがあります。この物語はそういったものを感じさせ、読み終わったときとても胸が熱くなる作品です。

    投稿日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親になってわかること

    子供の頃に読んだことがあったのですが、いま母親になってからこの絵本を読み返してみて、あまりの切なさに涙が出ました。
    子供の頃には、悲しいお話だなぁ…と漠然と感じていたように思います。
    戦争の悲惨さ、その戦争を起こす人間の愚かさを以前より、より深く感じました。
    まだ娘は0歳なので、もう少し大きくなったら是非読んで欲しい絵本です。そして、大人になってもう1度、読み返してみて欲しいと思います。

    投稿日:2008/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生ぐらいからの方がお勧め

    4歳5歳6歳児からと裏表紙に書かれていたので5歳の娘に読んで聞かせたのですがお話の内容が難しかったようです。ページを進めるごとに説明をしながら読みました。例えばどうして人間が鉄砲できつねをうつのかとか。幼稚園児よりも小学生ぐらいからのほうが理解しやすいと思います。

    投稿日:2007/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供のころに読んだ本

    動物の視点からとらえた戦争を描いています。

    私が子供のころに読んで、とても胸が痛くなったのを覚えています。戦争はいつでも一番弱い立場のものたちが犠牲になっていくことが、小さいながらもおぼろげに理解できたことを思い出します。

    戦争を直接人間の立場で教えるのではなく、動物の立場で教えるお話なので、いま2歳の息子が、もうすこし大きくなったら読んで聞かせたいと思っています。

    投稿日:2007/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の強さ

    • キャメさん
    • 20代
    • その他の方
    • 栃木県

    罠にはまった子狐に毎日餌を運ぶ母狐。

    罠を外してやることはできないけれど、こうして通い続ける母の姿に子狐はどれほど勇気付けられたことだろう。

    背景は戦争ですが、戦争の恐さだけではなく、そんなときにも発揮される母の強さを感じることができると想います。

    もちろん涙なしでは読めません。

    投稿日:2006/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット