話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

あな」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

あな 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:福音館書店
税込価格:\1,100
発行日:1983年03月
ISBN:9784834009217
評価スコア 4.43
評価ランキング 11,604
みんなの声 総数 115
「あな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 分かる気がする。

    4歳の息子と読みました。

    子供って、周りから見ると「何で?」って思う作業を
    集中してやってたりしますよね。

    この本の主人公、ひろしも、一心不乱にあなを掘っています。

    掘った穴は何をすることもなく、
    「これは、ボクのあなだ」と満足して、
    また埋めます。

    この満足するポイントもオトナからはよくわからないのが、
    子供の不思議。

    ひろしの気持ちが分かるのか、
    4歳の息子はこの絵本大変気に入って、
    何回も何回も一緒に読みました。

    投稿日:2010/10/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 自分の目で確かめる

    非常に哲学的な絵本です。
    ひろしくんが、穴をほります。
    理由は特にありません。日曜日に何もすることがなかったからです。
    無心に穴をほるひろしくん。
    最後は、満足して穴から出てきます。
    穴から見た景色に納得したのでしょう。
    自分の目で確かめて納得するって、大切なことだなぁと思います。

    投稿日:2021/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的で哲学的なお話

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    庭に穴を掘って埋めて・・・だけなのお話ですが、谷川俊太郎さんの見事な日本語表現に引き込まれます。詩のような、哲学のような。子どもが好きな反復があったり、普通のはずの出来事が谷川俊太郎さんの手によって、私にとって忘れられない絵本になりました。

    投稿日:2020/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと癖になる

    作者が谷川俊太郎さんであることに納得の作品でした。
    物語というよりは詩に近い印象でした。

    ひろしが穴を掘って、そして埋める過程が淡々と、でもどこか味わい深く描かれていました。

    独特な世界観と不思議な魅力がある絵本でした。
    ちょっと癖になります。

    投稿日:2020/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくのあな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    一生懸命あなをほる男の子。
    男の子がすっぽりと入れるあな。これを掘るのはなかなかたいへんだったのでは?
    あなの中に入って、みんながやってきます。
    最後にあなを埋めてしまうところを見て「どうしてあなをうめちゃうの?」とこどもは言っていました。「ぼくのあな」だからかな?

    投稿日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • え〜うめちゃうの〜?

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     和田誠の絵が、谷川俊太郎のことばにいろどられて、実に哲学的:男の子がただ「あな」を掘り、そしてまた「あな」を埋めるという絵本です。定型本をヨコに使って、本は上に開くという摩訶不思議なつくり。
     男の子がひとりでまた埋め始めると、娘は言いました「え〜っ、せっかくほったのに、うめちゃうの〜?」と。男の子に、言い知れぬおとなを感じた私です。
     大きな穴を掘ったことがなくても、穴を掘って中に入ってみたくなる本です。こどもの頃の体験を、思い出しました。表紙絵はそのデジャブです。

    投稿日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お砂場が好きな子に

    お砂場が大好きで、先日パパと一緒に大きな穴を掘ったところ
    だったので借りてきました。

    この絵本のようには深く掘れてませんが
    自分も同じように穴を掘ったばかりだったので
    喜んで何度も読みました。

    これはぼくのあなだ。

    って、淡々とした調子で文字数も少ないですが
    まさに息子の発想と同じでツボにはまったみたいです。


    また公園に行って、前より深い穴を掘ろうとしていました。
    絵本でも、最後は穴をちゃんと埋めておしまいなので安心ですよ。

    お砂場と言えば山ですが、たまには穴も面白いです。
    お砂場好きな子に是非お薦めです。

    投稿日:2012/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の表現が素敵!

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    谷川俊太郎さんの作品です。小学校の教科書にでてきそうな詩のようなストーリーで、奥深さを感じます。

    「てのひらのまめがいたい」
    「あせがみみのうしろをながれおちる」
    「つちはいいにおいがした」
    「あなのなかはしずかだった」

    国語力が乏しい私は主人公のひろしの気持ちはわかりませんでしたが、視覚だけでなく、嗅覚、触覚、臭覚などで共感できる部分が多く、言葉が心に残りました。
    シンプルな絵もピッタリです。

    読んだ後とても暖かな気持になりました。

    投稿日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのなつかしい気持ちになりました。

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子4歳

    娘が、これおもしろそう!と、持ってきた絵本です。
    なるほど、娘が自分でもさっと読めるタイトルに、シンプルではっきりとした絵。
    穴から空を眺めた景色が、表紙になっていたんですね。

    日曜日に何もすることがないから穴をほってみるなんて、子どもならではの発想で、なつかしい気持ちになりました。それをとりまく、家族や友達とのやりとりも、ほのぼのしていて、微笑ましいです。

    投稿日:2012/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心落ち着かせたい時に。

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    テンションをあげることなく、たんたんと読みました。
    そんな感じが似合う気がして。

    ただ意味もなくあなを掘り、
    その狭い空間に一人入り、静かに空を見上げ、蝶を眺め、
    何かに納得したのかあなを埋め、
    何事もなかったかのように、あなも自分も元に戻る。

    とても心落ち着くいい本だと思います。
    楽しいわけじゃないけれど、
    とても心地いいです。

    朝から、子供達が、大騒ぎで兄弟喧嘩。
    プンプンプンプン、いつまで経ってもどうも気が収まらない様子。
    そこで、嫌がる二人を膝に載せ、この本を読んであげました。
    2回ほど、読みました。
    すると、自然と怒りも不快感も収まり、とても落ち着きました。

    投稿日:2012/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / 小型絵本 バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット