話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

錯覚の大研究」 こはこはくさんの声

錯覚の大研究 監修:北岡 明佳
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
税込価格:\3,080
発行日:2012年04月09日
ISBN:9784569782263
評価スコア 4
評価ランキング 30,510
みんなの声 総数 1
「錯覚の大研究」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 本格的な錯覚入門書

    トリックアートなどの作品紹介が中心だと思ったら、かなり本格的な「錯覚」の入門書でした。

    第一章では、描かれた図やイラストで、実際に錯覚を体験します。つづく第二章では、錯覚の分類やしくみが、豊富なイラストと簡潔な章立てで説明されています。第三章は、実験・観察の紹介(この章のヴォリュームは少なめ)。

    視覚だけでなく、聴覚についても、少しですが触れられていて、とても面白く読みました。

    自分で掘り下げて読むならば、小学校高学年ぐらいからでしょうか。予期せずに出会えた、良い本でした。

    科学を楽しむ、一冊。
    自由研究のヒントにもなるかもしれません。

    投稿日:2021/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「錯覚の大研究」のみんなの声を見る

「錯覚の大研究」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / だるまちゃんとてんぐちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


2022年6月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット