話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ

中学生までに読んでおきたい哲学 (4)おろか者たち」 てぃんくてぃんくさんの声

中学生までに読んでおきたい哲学 (4)おろか者たち 編:松田 哲夫
案内人:南 伸坊
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2012年06月
ISBN:9784751527245
評価スコア 4
評価ランキング 28,446
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 字が大きく面白い日本文学

    もっとお堅い本かと思いきや、ユーモアたっぷりの文学が大きな字で詰まっていた。
    日本文学の中から、副題に合わせた内容をチョイス。
    今回はおろか者ということで、遅刻をするのが何が悪いと開き直って正当化する「遅刻論」や、なんとなく出家してみたら大変で、村人にもバカにされて騙され、実家に帰ろうにも庭に埋めてあった祖母のヘソクリを使い込んでいたので帰れない。いっそ死んでくれたらいいけど、当分死にそうにないから帰れない。そこで実家の柱の節に隠していた富くじが気になるから見てくれ云々延々続く「吉野山」など、相当おもしろい話が収録されています。
    どれもなぜか納得させられる(苦笑)

    小5以上の漢字にはルビがふってあるそう。我が家は12歳が読んでいました。
    文庫本などの詰まった字は読みづらいという大人の方にも、気軽に読めると思います。
    どんな時代も、人は変わらないとか思っちゃいました。

    投稿日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「中学生までに読んでおきたい哲学 (4)おろか者たち」のみんなの声を見る

「中学生までに読んでおきたい哲学 (4)おろか者たち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット