話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

マンザナの風にのせて」 やこちんさんの声

マンザナの風にのせて 作:ロイス・セパバーン
訳:若林千鶴
絵:ひだか のり子
出版社:文研出版 文研出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年06月
ISBN:9784580823358
評価スコア 4
評価ランキング 28,460
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 間違った過去も見つめる

    第2次世界大戦時の日系人強制収容というアメリカの歴史の一コマを切り取った児童書です。

    著者は、当事者でなく、収容所近くで子供時代を過ごし、その時に感じたことや、後に見た写真等から引き出された思いを書き綴った集大成のようです。

    物語のキーのなる、飼い犬の処遇。
    それに伴い、声を出すことができなくなる主人公。
    長いふせんののち、また同じシチュエーションとなった時にこぼれ出た言葉。
    人の心は複雑で繊細だけれど
    こんなにも強くてしなやかなのだとも思わせれました。

    「強制収容は、アメリカの恥ずべき歴史の一つだが、
    向き合わなくては新しい時代は来ない」との
    訳者のあとがきが光ります。

    投稿日:2019/07/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マンザナの風にのせて」のみんなの声を見る

「マンザナの風にのせて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット