新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

スプーンぼしとおっぱいぼし」 てぃんくてぃんくさんの声

スプーンぼしとおっぱいぼし 作:八板 康麿
絵:杉浦 範茂
出版社:福音館書店
税込価格:\833
発行日:1995年03月
ISBN:9784834012859
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,719
みんなの声 総数 9
「スプーンぼしとおっぱいぼし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 絵本でプラネタリウム

    星座を描いた絵本って、けっこうある。なんとなく手にとる機会も多い。
    けれど町暮らしの娘には馴染みのないもの。満天の星というのはなかなか見せてあげられないものです。
    そんな場所でも見える北斗七星(スプーン)とカシオペア(おっぱい)の本です。

    写真と絵が上手に組み合わされていて、プラネタリウムを思いました。
    そこへ幼稚園児にもわかりやすく、短いけれどツボはおさえられた的確な文章!
    甘えん坊の娘は、お母さんの絵になったおっぱい星に反応。夜空を見上げ、星を数えたりして探しています。
    ということは、内容を理解できたのでしょうね。
    巧みな写真と絵で、夜空から星座を見つける楽しみを教えてくれる絵本です。

    ちなみに我が家では、この本と共に『おやすみ、わにのキラキラくん』を引き合いに出して星を繋げて形作る話をしましたよ。
    保育園帰りにもう北の空が輝く寒い季節へ向けて、いかがでしょうか。

    投稿日:2007/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「スプーンぼしとおっぱいぼし」のみんなの声を見る

「スプーンぼしとおっぱいぼし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット