新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

こぎつねルーファスのぼうけん」 てんぐざるさんの声

こぎつねルーファスのぼうけん 作:アリソン・アトリー
絵:キャサリン・ウィグルズワース
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1979年3月
ISBN:9784001159615
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,121
みんなの声 総数 4
「こぎつねルーファスのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 生きていくために必要な冒険

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    邦訳は石井桃子さんです。第1版が1979年とあります。やっぱり時代を感じる内容でした。古き良き海外の児童書という感じがしました。

    題名の通り、こぎつねのルーファスが冒険する話のなのですが、「冒険」そのものはあまり大げさなものではありませんでした。むしろ、小動物が森で生きていくために必要な日常的冒険談になっています。

    石井さんの訳なので、とても読みやすかったです。
    こういう話こそ、本当は小学生たちに読んで欲しいのですが、最近の小学生は、いかにも「物語です」っていう児童書にはあまり手を触れてくれないので、今どきの楽しい本に混じらせて、少しづつ子どもたちに攻めています。

    可愛い動物が好きなこそさんには、うってつけのお話です。
    ちょっとぴり勇気が必要なお子さんにもぜひ、読んでもらいたいです。

    投稿日:2008/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こぎつねルーファスのぼうけん」のみんなの声を見る

「こぎつねルーファスのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット