新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

わたしを 描く」 ヒラP21さんの声

わたしを 描く 作:曹 文軒
絵:スージー・リー
訳:申 明浩 広松 由希子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,980
発行日:2024年03月05日
ISBN:9784251099723
評価スコア 4
評価ランキング 29,498
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • キャンバスの与えた試練

    なんとも重厚な作品です。
    初めてキャンバス地に描いた絵で、少女は初めて挫折と屈辱と苦しみを知るのです。
    父親の英才教育で、自分の絵に自信を持ったウロでした。
    初めて買い求めた、自分の名前と同じ雨露の麻で作られたキャンバス地は、突然亡くなった油絵の大家が注文したものでした。
    キャンバスに描いたのが自画像だということが意味深です。
    描いた自画像は、翌日には絵の具が流れて見る影もない醜い姿でした。
    キャンバスの生地がウロを拒んだのでしょうか。
    ウロに己の虚栄心を突きつけたのでしょうか。
    ウロは、7回も自画像を描き直します。
    7回も醜い姿になった自分の姿に直面します。
    直視できないので、父親の作っている花柄の布地を被せて、誰にも見せようとしません。
    ウロは、闘っていたのですね。
    キャンバスの生地とではなく、自分自身と。
    それだから、母親に捨てられたキャンバスを探しあてて再挑戦した時に、憑き物が消えていたのです。
    どうして8回目にちゃんと絵が残せたのかは謎です。
    朝日につつまれ、にっこり笑っている少女の姿だということが印象的です。
    笑えてよかったですね。

    翻訳本だから直接は関係ないかもしれませんが、私は少女の名前のウロから、木の洞(ウロ)を想像しました。
    木にポッカリと空いた洞は、自分の心を吸い込むような不思議な穴です。

    この絵本は、曹さんとリーさんが描いた洞かも知れません。

    投稿日:2024/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしを 描く」のみんなの声を見る

「わたしを 描く」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット