おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

ぼくにげちゃうよ」 こりこりこさんの声

ぼくにげちゃうよ 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:クレメント・ハード
訳:岩田 みみ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1976年
ISBN:9784593500260
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,673
みんなの声 総数 94
  • この絵本のレビューを書く
  • いい絵本って変わらないのね!と改めて感じました

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    くもんの推薦図書に乗っていたのをきっかけに手に取り、開いたページの白黒に、こどもたちに『しっぶ!』と言われながらも読み進めました。
    最初の反応とは反対に、ページを進むごとにどんどん引き込まれていく息子。
    うさぎのこどもとお母さんのやりとりがとても素敵なんです。ちょっと冒険心もあり、背伸びしたくもあり、でもまだまだ甘えん坊の息子と、それをどっぷりと構えて受け止め、見守り、何をいってきてもユーモアのある優しい言葉をかけるお母さん。
    あぁ、こんな母でありたい、、、と毎回思わされます。
    ふたりのやりとりも軽快だし、こどもを追いかけてみまもるお母さんの挿し絵が隠し絵風になっている!
    ずいぶんと前に出版された本だけに、これにはびっくりしました。
    そして、時代を越えても変わらない、親子の絆や、読む者をひきつける言葉、こどもがとびつく好きなものって変わらないんだなぁ、と絵本の底力に改めて気づきました。
    この本を読んでと持ってくる時の息子は、なんとなくいつもより甘えモード。ずーっとべったりではなくなってきたこの頃ですが、この本がべったりタイムのきっかけを作ってくれています。

    投稿日:2019/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくにげちゃうよ」のみんなの声を見る

「ぼくにげちゃうよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(94人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット