話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

水曜日の本屋さん」 夏の雨さんの声

水曜日の本屋さん 作:シルヴィ・ネーマン
絵:オリヴィエ・タレック
訳:平岡 敦
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784895726979
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,678
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く
  •  本にもやはり読む時期というのはあるだろう。
     例えば、ディケンズの『クリスマス・キャロル』はクリスマスの頃に読むのがベストのように。
     絵本の場合は特に季節感が出やすいので、読む時期は強く出る。
     本屋さんや図書館に行くと、その季節に合った絵本が前面に飾られている。
     この一見季節感のないタイトルのこの絵本も実はその内容はとても季節感を持っている。
     それはクリスマス。
     この絵本はとっても素敵なクリスマスの贈り物のお話なのだ。
     (それを知らずにタイトルに惹かれて読んだのですが)

     学校が休みの水曜日、女の子はいつも本屋さんに行く。
     そして、そこで必ずおじいさんに会う。
     おじいさんはいつも分厚い本をじっくり読んでいる。それは昔の戦争の本だけど、いつもそれを読んで、時には涙をこぼしたりして いる。
     けれど、おじいさんはそんな本を買うことはない。いつも少しずつ読むだけ。
     ところが、クリスマスまであと三日、おじいさんのあの本が本屋さんの棚から消えてしまう。
     本屋のおねえさんが、クリスマスのプレゼントに売れたと教えてくれた時の。おじいさんの寂しそうな背中。
     でも、そんなおじいさんにおねえさんが差しだしたのは、クリスマスのプレゼント。
     その中身について、この絵本では何も書いていないが、きっと誰もがわかるはず。
     これは、そんな素敵なクリスマスの絵本だ。

     それを知らずに読んだ私だが、本屋さんは水曜日やクリスマスに限らず、いつもほっこりしていると思っている。

    投稿日:2020/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「水曜日の本屋さん」のみんなの声を見る

「水曜日の本屋さん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / もこ もこもこ / いないいないばあ / くだもの / バムとケロのさむいあさ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット