でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)」 てんぐざるさんの声

岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上) 作:トンケ・ドラフト
訳:西村 由美
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784001145779
評価スコア 4
評価ランキング 26,646
みんなの声 総数 1
「岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 「王への手紙」の続編!新しい冒険への出発です。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子19歳

    たいてい前作が面白いと続編が前作を超えることはないのですが、このシリーズは引けを取らない面白さがあります。

    この物語には地図がとても重要になります。
    主人公ティウリやピアックは、未開の森のなかで身をひそめ逃げたり、隠れたりするので、この人たちは今どこにいるのだろう。どっちへ向いて移動しているんだと、確認せずにはいられなくなります。
    むこうに山や高い塔がみえるとか、この川を渡らなければ北へ向かえないとか、小さな目印だけで自分のゆくべき方向を探り、森の秘密の真実を伝えるため、助けを呼びに行かなくてはならなくなったティウリやピアックとともに、読み手の私たちも、ひっそりとした森のなかに身をひそめ、固い土の上で寝ているような感覚や冷たい川の中を移動する気持ち悪さなど一緒に味わうことのできる凄い作品でした。

    前作「王への手紙」ではウナーヴェン国王へ手紙を届けることのみを語ってくれた物語でしたが、本作では“何かあやしい動きがあるらしい”としかわかっていなかった森の秘密がティウリにかかわりを持ってきます。
    国とは、自然とは、家族の在り方なども考えさせられます。
    大きな物語でいて、身近なものでもあります。
    ぜひたくさんの子どもたちに手にしてもらいたい作品です。

    投稿日:2019/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット