アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

もろこしのたからもの」 ムスカンさんの声

もろこしのたからもの 文・原案:九州国立博物館
絵:石丸千里
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784577037669
評価スコア 4
評価ランキング 26,497
みんなの声 総数 1
「もろこしのたからもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 命がけの遣唐使たちに心を打たれます。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    先日、テレビで阿倍仲麻呂のドキュメンタリーを見て以来、
    「けんとうし」にハマりかけてる息子。

    その「けんとうし」の絵本で、さらに、
    行ったことのある九博の出版している絵本とだけあって、
    さすがにこれは食いついてきた!

    物語は、「つくし」という10代の少年が主人公。
    若くして遣唐使の一団に加えてもらったつくしが、
    皇帝陛下に謁見するシーンでは、
    「ほんとにこんなことあったのかな?!」なぁんて
    半信半疑の息子でしたが、

    唐に渡ってきて20年、遣唐使井真成の死や、
    真成からあずかった経典を命がけで日本に持ち帰るつくしの姿には、
    心を打たれたようでした。

    つくしは、実在の人物ではないけれど、
    かつて大勢の人が、命がけでもろこしへ渡り、
    そしてまた命がけで帰国し、
    さまざまな文物、文化を伝えたことは事実。
    その歴史の壮大さに、心を打たれる一冊です。

    投稿日:2015/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もろこしのたからもの」のみんなの声を見る

「もろこしのたからもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット