Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版の試し読みができます!
作・絵: 島田 ゆか 訳: クリストファー・ベルトン  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
英語でバムとケロの世界を楽しもう!

うらしまたろう」 にぎりすしさんの声

うらしまたろう 作:岩崎 京子
絵:南本 樹
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1984年03月
ISBN:9784577004685
評価スコア 3
評価ランキング 44,405
みんなの声 総数 1
「うらしまたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 昔話でもおなじみのうらしまたろう

    岩崎 京子さんの文は丁寧に書かれています。(丁寧すぎるようにも思えました)

     親がめと 海に入っていく時のがわがわ がぽがぽ しゃわしゃわと 擬音が上手く表現されているのです

    竜宮城の中の四季の部屋 春は紅梅 白梅 うぐいす 季節の花が丁寧に描かれています(つつじ つゆくさ かきつばた ふよう すいれん のうぜんかずら)
    こんなに花が丁寧に書かれているのは岩崎さんの好みかしら?

    お話の筋は変わらないのですが、 冬の部屋を見たとき 故郷の浜が写るのです  このとき初めて帰りたくなるのです
    なんと 300年の年月が過ぎていたとはそりゃあ びっくりですね(わずかな間と思っていたのです・・・)

    玉手箱を開けたのも あまりの年月に途方に暮れたのですね
     
    しろいけむりで 白髪のおじいさんになるのです 

    300年という年月  昔話のおもしろさは 極端なのかもしれません

    私が知っていたうらしまたろうより細かい表現がされているお話でした

    「絵本もいろいろあるな〜」

    投稿日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うらしまたろう」のみんなの声を見る

「うらしまたろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット