新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

生きる」 ガーリャさんの声

生きる 詩:谷川 俊太郎
絵:岡本 よしろう
出版社:福音館書店
税込価格:\0
発行日:2013年09月01日
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,121
みんなの声 総数 2
「生きる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 生きている今

    退職された先生から、娘へのプレゼントに、送っていただいた本です。
    谷川俊太郎さんの「生きる」という詩に、なつかしい昭和の風景を思い起こさせるような、ノスタルジックな絵が添えられ、1冊の絵本になりました。
    6年生の国語の教科書にも載っているそうですが、私はこの詩を知りませんでした。

     昆虫など小さな生き物の命を大切にされる先生は、娘へのはがきにも、真っ先に、「表紙を開いたら、アブラゼミが出ていて、驚きました。」と記されていましたが、最初に読んだときは、言葉にばかり心が行き、風景の中のセミの上をすっと素通りしていました。
     2度目に読んだのは、その数日後、家で飼っていたカメが死んだ日のことでした。
    命の終わりはこんなにもあっけないものなのか・・・。なんてはかない命なんだろう・・・。
    たかが一匹のカメの死に、どうしようもないほど涙がとめどなくあふれ、テーブルに置いてあったこの本の「生きる」という文字に、思わず吸い寄せられるように手が伸びました。

     1度目に開いたときとは、まるで違って見える景色、そして、感じる空気。
    公園の片隅で、じっとセミの死骸を見つめる少年。
    この子以外には、誰もセミの死など気づいている人はいません。さっきまでは、木に止まり、声を限りに鳴いていたであろうセミ。
    同様に、うちのカメが死んだことなど、世界中の誰も知らず、そのことで悲しむ人も困る人もいません。

     生きているということ
     いま生きているということ

    命の重みがずっしりと手のひらに伝わってきます。3cmにも満たない小さな小さなカメの命が、こんなにも大きかったなんて・・・。
    命がつきるということは、動かなくなること。硬くなること。ぬくもりがなくなるということ。

     学校から帰ってきた娘に、「生きる」ということを言葉でなく伝えたくて、木の下に埋めたカメを再び手のひらに載せました。
    「そのままだね」と、娘は泣きながら、カメの指や顔や甲羅をやさしく撫で続けました。
     ほんの数時間前のことなのに、穴の中には、絵本のセミと同じように、すでに無数のアリが集まってきていました。それもまた「生きる」ということ。

     いっしょにたくさん泣いた後、たくさん食べて、たくさん笑いました。

     生きているということ
     いま生きているということ
     
     泣けるということ
     笑えるということ
     怒れるということ

    生きていればこその愛おしい「いま」なんだなあ、と思います。
     夜、布団の中で、娘とこの本を読みながら感じた「あなたの手のぬくみ」・・・今こうして手と手を重ね合わせて感じ合える「ぬくみ」を大切にしたい、と心に強く思いました。

    投稿日:2013/09/27

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「生きる」のみんなの声を見る

「生きる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット