アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれものの試し読みができます!
作・絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが、ある日見つけたふしぎな忘れ物。届けに行こうとはりきりますが……本当にひとりで大丈夫!?

松居 直(まついただし)

松居 直(まついただし)

児童文学者。1926年、京都府生まれ。同志社大学卒業後、1952年福音館書店の創業に参画し、編集部長、社長、会長を経て、1997年より相談役。1956年月刊物語絵本「こどものとも」を創刊し、編集長として赤羽末吉、長新太、堀内誠一、安野光雅、加古里子、中川李枝子ら多くの絵本作家を世に送り出す。絵本『ももたろう』『だいくとおにろく』『ぴかくんめをまわす』(福音館書店刊)など著書多数。

関連するコンテンツ

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

24件見つかりました

表示

  • ももたろう
  • ヤンメイズとりゅう―中国の再話
  • 桃源郷ものがたり
  • にほんご
  • こぶじいさま
  • おひさまをほしがったハヌマン
  • だいくとおにろく
  • ぴかくん めをまわす
  • 絵本のよろこび
  • 松居直自伝  軍国少年から児童文学の世界へ
  • 山になった巨人 白頭山ものがたり
  • 絵本は心のへその緒
  • 傑作絵本劇場 ももたろう(大型絵本)
  • 絵本の森へ
  • 松居直のすすめる50の絵本
  • Sid the Signal ぴかくんめをまわす(英語版)
  • おにの子こづな
  • 絵本の現在子どもの未来
  • リレートーク 言葉の力 人間の力
  • こども・えほん・おとな
  • わたしの絵本論
  • 翻訳絵本と海外児童文学との出会い
  • 松居直と『こどものとも』 創刊号から149号まで
  • 絵本の力

24件見つかりました

松居 直(まついただし)さんの作品のみんなの声

  • 親近感

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    インドの方が描かれているので当然かもしれませんが、 色彩や絵の感じがインドらしくて、 それだけで異文化体験でした。 それだけでなく、インドの昔話なので、 日本の神様とはまた違う 人間らしい姿・・・続きを読む

  • 川の流れが激しいところに、橋を架けようとするのは大変だったと思います。鬼が数日で立派な橋を作ってしまったので、今までの橋は鬼がいじわるして流していたのでは?と勘繰ってしまいましたw大工が鬼の名前を言っ・・・続きを読む

  • 大人の方が楽しめるかも

    子どもが生まれるまで知りませんでしたが、桃太郎ってちょっとずつ違った色んなバージョンがあるんですね。こちらは民話調で今まで読んだ桃太郎とは違った味わいがあります。 まだ2歳で、しかも方言とは無縁の子・・・続きを読む

  • こぶが!

    三歳の子に読みました。読み始めるとこぶの位置が今まで読み聞かせていたものと違うので、なんでー?と不思議そうでした。しかし、読み進めていくと踊る場面で大笑い。ただ、こぶを取られたところではまだ意味がわか・・・続きを読む

  • ここまで違うとは

    今までアニメの様な絵の桃太郎を読み聞かせていました。ももたろうをよむなら、この絵本が良いとのことで購入して読んでみましたが、内容の違いに驚きました。今まで読んでいたものはスピーディに淡々と進む感じでし・・・続きを読む


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット