新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
恒川 光太郎(つねかわこうたろう)

恒川 光太郎(つねかわこうたろう)

お気に入りの作家に追加する

恒川 光太郎さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

恒川光太郎さんの作品のみんなの声

  • 悪夢の再現

    怖い夢の中。 走っても走っても、全然前に進めず、追いかけてくる怖い「何か」に捕まりそうになる。 怖くて、怖くて、叫び声を上げたいのに、ふりしぼっても、ふりしぼっても声が出ない。 そういう、怖・・・続きを読む

  • ちょっとむずかしめ

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、男の子3歳

    男の子が友達と一緒に夜中に出かけたところは、ゆうれいのまちだった!そして、男の子は幽霊につかまり、帰れなくなってしまう・・・数十年後?大人になった彼は、また帰っていく・・・。 時空を超えた?お話・・・続きを読む

  • 行ったきり…戻ってこない子ども

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【内容】 夜中に友達が、幽霊の町に行こうと誘いに来た。僕は、パジャマのまま友達と一緒に出掛け、丘の向こうに広がる幽霊の町に行った。二人は幽霊の町の住人に見つかり、追いかけられる。逃げ遅れた僕は、幽霊・・・続きを読む

  • 怖い…

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    子どもは、「ゆうれいのまちから、でていったらいいやん!」と半泣きになりながら言っていました。 さらわれて、幽霊の子として育てられる人間の子。絵が独特で、雰囲気満点なのが怖さを増長させていて、大人でも・・・続きを読む

  • こころに広がる恐怖

    短い文章の中に、恐ろしさが濃縮されています。 イラストのコラージュも、なんだか不気味に見えてきます。 ビジュアル的な怖さというよりは、 心にじんわりと広がる恐怖を感じました。 不安な気持ちでい・・・続きを読む


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット