話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

レミー・シャーリップ(れみーしゃーりっぷ)

レミー・シャーリップ(れみーしゃーりっぷ)

1929年アメリカ ニューヨーク生まれ。ペンキ職人の父と詩人の母を持つ。クーパー・ユニオン大学で美術を専攻し、ジュリアード音楽院でも学ぶ。俳優、ダンサー、プロデューサー、作家、デザイナー、映画制作者など様々な分野で活躍をしている。他に「よかったねネッドくん」(偕成社刊)などの作品がある。

お気に入りの作家に追加する

レミー・シャーリップさんに関連する著者

レミー・シャーリップさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

8件見つかりました

表示

てくとこ ずんずん

てくとこ ずんずん

詩:マーガレット・ワイズ・ブラウン  絵:レミー・シャーリップ  訳:木坂 涼  出版社:集英社  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2012年10月10日  ISBN:9784087815016
  ためしよみ
ビッグブック よかったね ネッドくん

ビッグブック よかったね ネッドくん

作・絵:レミー・シャーリップ  訳:やぎた よしこ  出版社:偕成社  本体価格:¥9,000+税  
発行日:2010年10月  ISBN:9784033482002
たこのだっこはてとてとて

たこのだっこはてとてとて

作・絵:レミー・シャーリップ  訳:きむら みか  出版社:徳間書店  本体価格:¥1,700+税  
発行日:2001年02月  ISBN:9784198613174
よかったねネッドくん

よかったねネッドくん

作・絵:レミー・シャーリップ  訳:やぎた よしこ  出版社:偕成社  本体価格:¥1,400+税  
発行日:1997年11月  ISBN:9784032014303
カーニバルのおくりもの

カーニバルのおくりもの

作:レミイ・シャーリップ バートン・サプリー  絵:レミイ・シャーリップ  訳:うちだ りさこ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1984年07月  ISBN:9784834009828
ママ、ママ、おなかがいたいよ

ママ、ママ、おなかがいたいよ

作:レミー・シャーリップ バートン・サプリー  絵:レミー・シャーリップ バートン・サプリー  訳:つぼい いくみ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1981年11月30日  ISBN:9784834008616
  ためしよみ
ちいさなとりよ

ちいさなとりよ

作:マーガレット・ワイズ・ブラウン  絵:レミー・シャーリップ  訳:与田 凖一  出版社:岩波書店  本体価格:¥800+税  
発行日:1978年11月  ISBN:9784001151541
いたずらこねこ

いたずらこねこ

作:バーナディン・クック  絵:レミイ・シャーリップ  訳:まさき るりこ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,100+税  
発行日:1964年11月  ISBN:9784834000375

8件見つかりました

レミー・シャーリップさんの作品のみんなの声

  • 埋葬

    子供たちが死んでいる鳥を見つける、というところから始まります。 娘たちは、えっ!と言っていました。 確かに絵本ではなかなか衝撃的な始まり方ですよね。 その後、子供たちは大人がやっているように・・・続きを読む

  • 埋葬

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    この子どもたちの埋葬の様子は 幼いころから母に教わり、 飼っていた金魚やグッピーをよく埋葬してきました。 死んでいる生き物がいると ついつい埋葬してあげたくなるけれど、 主人が「病原菌が・・・続きを読む

  • こねことかめさんが出会ったら?

    子猫とカメが出会ったら どんな反応するのかな。 自分とある動物が出会うことを想像することは多いけれど、 ある動物とある動物が出会ったらどんな反応するのかな?って想像することって、幼い頃はあまりな・・・続きを読む

  • そりゃお腹痛くなるよね

    切り絵で最初はシルエットだけが描かれています。 男の子がお腹が痛くなり、お母さんがお医者さんを呼ぶのですが、シルエットだけでも、今にも破裂しそうなお腹になっています。 お医者さんが来て診てくれ・・・続きを読む

  • いまいち

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    とても人気の絵本のようですが、我が家ではあまり人気が出ませんでした。 私にとっては、少しお話が長すぎる、日本語と英語の両方が書かれていてもどう扱って良いかわからないことなどが「いまいち」と感じた・・・続きを読む


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット