新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ママ、ママ、おなかがいたいよ

ママ、ママ、おなかがいたいよ

  • 絵本
作: レミイ・シャーリップ バートン・サプリー
絵: レミイ・シャーリップ
訳: 坪井 郁美
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

初版年月日 : 2012年05月01日

中面を見る

作品情報

発行日: 2022年04月05日
ISBN: 9784834008616

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

ページ数 : 44ページ
サイズ : 20×26cm

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

おはなし

帽子を探しているママに、まるまるとしたおなかのぼうやが叫びます。
「ママ、ママ、おなかがいたいよ。おいしゃさんよんで、はやく、はやく、はやく。」
お医者さんが駆けつけて、馬車に乗せて病院へ。
ぼうやのおなかのなかから、つぎつぎといろんな物が出てきます・・・。

出版社からの紹介

「おなかがいたいよ」と子どもがお母さんに助けを求めています。見るとおなかがパンパンに膨れています。やってきたお医者さんは、病気のことならなんでも任せてくれと自信満々の余裕綽々。膨らんだおなかの中を調べると、出てくる出てくる、あれやこれや。最後に大きな自転車を取り出して、おなかはすっきりとなりました。シンプルなシルエット画による、ナンセンスな繰り返しのおもしろさをお楽しみください。

ベストレビュー

美しい切り絵と楽しいお話

影絵芝居の面白さを堪能できる絵本です。美しい切り絵と楽しいお話に、子どもも私もすぐに引き込まれました。
机の下にもぐりこんで、「だれかわたしのぼうしをみなかった?」と捜し物をするお母さんのそばで、おなかがぱんぱんにふくらんだ男の子が、「ママ、ママ、おなかがいたいよ。おいしゃさんよんで」と言っている場面からおはなしが始まります。 往診にきたお医者さんが、「こんな病気、みたことないぞ、一刻も早く入院だ!」と、男の子とお母さんを病院につれていくと、ボールのように大きくふくらんだ男の子のおなかから、出てくる、出てくる、リンゴ、ボール、ろうそくがついたハースデーケーキがまるのまま、スパゲッティもお皿ごと、ソーセージもずるずるつながったまま出てきます。前のぺージでシルエットが見えて、次のぺージで色つきの絵を見ることができる。まるで、手品をみているようです。ありもしないことが目の前で起こるナンセンスの面白さ。次は何がでてくるかなとワクワクドキドキ、目が離せません。男の子の家、お医者さんの家、外、病院と場面が変わるたびに背景に使う色が変えてあるというのもシャレていて素敵。
この絵本をヒントに、家で子供たちに影絵芝居をやってみようかなと思いました。幼稚園や学校でのおはなし会に使ってもよさそうです。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳、男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,650円
1,430円
1,100円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
440円
385円
440円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

ママ、ママ、おなかがいたいよ

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら