なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

安野 光雅(あんのみつまさ)

安野 光雅(あんのみつまさ)

1926年島根県津和野町生まれ。東京在住。1974年芸術選奨文部大臣新人賞、サンケイ児童出版文化賞大賞、ケイト・グリナウェイ賞特別賞(イギリス)、ニューヨーク・サイエンスアカデミー賞(アメリカ)、BIBゴールデンアップル賞(チェコスロバキア)、ボローニア国際児童書展グラフィック大賞(イタリア)、国際アンデルセン賞(IBBY)などを受賞。

安野 光雅(あんのみつまさ)さんの作品ピックアップ

  • 旅の絵本1 中部ヨーロッパ編 旅の絵本1 中部ヨーロッパ編 作・絵:安野 光雅
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784834005394
    旅の絵本1 中部ヨーロッパ編の試し読みができます!
    中部ヨーロッパの自然や街並みを背景に、克明繊細な筆使いで旅の楽しさを描きだした絵ばかりの絵本。世界各国の子どもたちが喜んでいる、心おどる絵本です。
  • もりのえほん もりのえほん 作・絵:安野 光雅
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥900+税
    ISBN:9784834007992
    木々の間に、繁った葉の中に、草むらに――この絵本の森の中には、ゾウやリスなど130余りの動物がかくされています。広く海外でも出版され評判の高い、見事なかくし絵の絵本です。
  • はじめてであうすうがくの絵本1 はじめてであうすうがくの絵本1 作・絵:安野 光雅
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥1,600+税
    ISBN:9784834009088
    はじめてであうすうがくの絵本1の試し読みができます!
    発見の喜び、創造の楽しさに満ちた数学の本と、すでに定評のあった作品を再編集し、新しい体裁でおとどけします。第1巻《なかまはずれ》《ふしぎなのり》《じゅんばん》《せいくらべ》
  • あいうえおの本 あいうえおの本 作:安野 光雅
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥1,500+税
    ISBN:9784834004618
    「ABCの本」の姉妹作。長年構想をねりつづけた著者が、心をこめて描きあげた「あいうえおの本」の決定版! 親子で空想の広がりを楽しんでください。
  • 天動説の絵本 天動説の絵本 作・絵:安野 光雅
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥1,500+税
    ISBN:9784834007510
    地球が全宇宙の中心だと信じていたころの人びとが考えていた世界とは、いったいどんな世界だったのでしょう? 中世然とした作りの、ユニークな科学絵本。
  • かげぼうし 新装版 かげぼうし 新装版 作・絵:安野 光雅
    出版社:冨山房
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784572003713
    かげぼうし 新装版の試し読みができます!
    まちに冬がきた。野山にも冬がきた。山のむこうのずーつと、ずーつとむこうにある秘密の国、「かげぼうしの国」にも冬がきた。マッチ売りの少女と「かげばうしの国」のみはり番がくりひろげる、ふしぎな、ふしぎなお話。
  • ふしぎなえ ふしぎなえ 作・絵:安野 光雅
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥900+税
    ISBN:9784834002584
    あがってもあがっても下へいく階段。どうしてもさかさまに歩いてしまう横断歩道。そんなふしぎな世界が次つぎとくりひろげられる、子どもからおとなまでが楽しめる絵本。
  • 10人のゆかいなひっこし 10人のゆかいなひっこし 作・絵:安野 光雅
    出版社:童話屋
    本体価格:¥1,650+税
    ISBN:9784924684065
    絵本を開くと、左の頁に家の断面図があってこどもが10人います(あれ?裸の女の子もいますよ。)。右のページには家の外面図があって、子どもたちは左の家から右の家に引っ越しをするという仕掛けです。
  • いないいないばあのえほん いないいないばあのえほん 作・絵:安野 光雅
    出版社:童話屋
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784924684393
    いないいないばあの絵本はたくさんでていますが、安野さんが考えたのは、びっくりするほどアイディアフルです。
  • おめんのえほん おめんのえほん 作:安野 光雅
    出版社:童話屋
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784924684492
    お祭りの夜店で売っているお面が絵本にならないか、と安野さんと編者は知恵をしぼりました。そして生まれたのがこの「おめんのえほん」です。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

102件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  次へ→  最後のページ

表示

  • 旅の風景
  • 文庫手帳2020
  • 銀の匙
  • かずくらべ
  • 安野光雅 自分の眼で見て、考える
  • メアリ・ポピンズ
  • あしながおじさん
  • 赤毛のアン
  • かんがえる子ども
  • 旅の絵本 9 スイス編
  • みんなでたのしむまよいみち
  • みんなでたのしむ もりのえほん
  • 鶴亀高校 つるかめざんの歌 校歌より
  • わたしの好きな子どものうた
  • 小さな家のローラ
  • 森のプレゼント
  • 大きな森の小さな家
  • マッチの気もち
  • 6月31日6時30分
  • 空想工房の絵本
  • Eraser けしゴム
  • 旅の絵本 8 日本編
  • 旅の絵本セット 全8冊
  • すき好きノート
  • ガリバーの冒険

102件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  次へ→  最後のページ

安野 光雅(あんのみつまさ)さんの作品のみんなの声

  • 能動的に参加できる

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    文字がなく、ただ数字とその数に合う家や人がいます。 ものすごくシンプルです。 でも、子どもは喜んで数えています。 ある意味、いつもは読んでもらって聞いているだけの 受動的なこどもたちが、能動的・・・続きを読む

  • ひっくり返して戻ってこられる

    安野光雅さんの絵本ということで興味を持ちました。 「さよならさんかく、またきてしかく…」 前の言葉に連想させて繋いだ言葉と、安野光雅さんの優しくも楽しい絵。 歌いながら、ページをめくるたびにワク・・・続きを読む

  • 妄想の扉

    雑誌で紹介されていたので手に取ってみました。 「ぜったいにおしちゃだめ?」みたいな遊びの絵本かと思いきや、 なんとも谷川俊太郎さんらしい独特の世界観。 はじめから終わりまでに、妄想を誘う扉が幾度・・・続きを読む

  • 落ち着いた美しさを感じる本

    ガリバーの冒険の中で、最も有名な小人の国へ行った時のお話が描かれています。 絵が落ち着いていて、とても綺麗でした。 他の国への冒険の話は、絵本では見たことがないので、そういう続き物であると、も・・・続きを読む

  • 楽しく知育

    図書館で見つけました。安野さんのかずの絵本は、いい絵本が多くてお気に入りです。 ページをめくりながら、おうちは何個建ってるかなー?木が1.2.3.4本あるねーなど、子供と会話がしやすく、数の観念がわ・・・続きを読む


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット