新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
ペク・ヒナ(Baek Heena)

ペク・ヒナ(Baek Heena)

絵本作家。 自称「人形いたずら作家」。 1971年、 ソウル生まれ。 韓国の梨花女子大学卒業後、 カリフォルニア芸術大学でアニメーションを学ぶ。 人形制作、 緻密なセット作り、 撮影までをひとりでこなし、 独自のファンタジー世界を作り出す。 韓国でもっとも注目される絵本作家。一男一女の母。ポメラニアンのムンチと暮らしている。 「2020アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を受賞。

お気に入りの作家に追加する

関連記事

ペク・ヒナさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

10件見つかりました

表示

あめだま

あめだま

作:ペク・ヒナ  訳:長谷川 義史  出版社:ブロンズ新社  税込価格:¥1,650  
発行日:2018年08月  ISBN:9784893096487
ゆめのごちそう

ゆめのごちそう

作:ペク・ヒナ  訳:長谷川 義史  出版社:ブロンズ新社  税込価格:¥1,540  
発行日:2024年04月11日  ISBN:9784893097316
お月さんのシャーベット

お月さんのシャーベット

作:ペク・ヒナ  訳:長谷川 義史  出版社:ブロンズ新社  税込価格:¥1,540  
発行日:2021年06月03日  ISBN:9784893096906
天女銭湯

天女銭湯

作:ペク・ヒナ  訳:長谷川 義史  出版社:ブロンズ新社  税込価格:¥1,540  
発行日:2016年08月25日  ISBN:9784893096159
ふわふわくもパン

ふわふわくもパン

作:ペク・ヒナ  絵:ペク・ヒナ  訳:星あキラ キム・ヨンジョン  写真:キム・ヒャンス  出版社:小学館  税込価格:¥1,650  
発行日:2006年03月  ISBN:9784097278054
天女かあさん

天女かあさん

作:ペク・ヒナ  訳:長谷川 義史  出版社:ブロンズ新社  税込価格:¥1,540  
発行日:2017年08月25日  ISBN:9784893096364
ぼくは犬や

ぼくは犬や

作:ペク・ヒナ  訳:長谷川 義史  出版社:ブロンズ新社  税込価格:¥1,540  
発行日:2020年04月16日  ISBN:9784893096739
ピヤキのママ

ピヤキのママ

作:ペク・ヒナ  訳:長谷川 義史  出版社:ブロンズ新社  税込価格:¥1,650  
発行日:2022年05月19日  ISBN:9784893097064
  ためしよみ
おかしなおきゃくさま

おかしなおきゃくさま

作:ペク・ヒナ  訳:中川 ひろたか  出版社:Gakken  税込価格:¥1,650  
発行日:2019年08月29日  ISBN:9784052051043
  読み放題
あずきがゆばあさんととら

あずきがゆばあさんととら

作:パク・ユンギュ  絵:ペク・ヒナ  訳:かみや にじ  出版社:偕成社  税込価格:¥1,430  
発行日:2022年10月05日  ISBN:9784033486208
  ためしよみ

10件見つかりました

ペク・ヒナさんの作品のみんなの声

  • おもしろい

    ペク・ヒナさんの新刊としり、楽しみに読んでみました。沢山のきょうだいの面倒をみるおにいちゃんガエル。その奮闘ぶりがすごい! 「しゅわっちょ」って言葉もおもしろく、長谷川さんの手書きの文字もいいなあと。・・・続きを読む

  • 突然芽生えた母性本能

    やっかいもののニャンイに突然芽生えた母性本能は、ニャンイを幸せにしました。 変わった形で、しかも突然に生まれた親子関係ですが、ひよこのピヤキは、しっかりとニャンイの人生を好転させましたね。 呼・・・続きを読む

  • 食べてみたい!

    お月見に合わせて手に取った一冊です。暑くて暑くて溶けてしまったお月さまをシャーベットなしてしまうなんて…面白い発想!と思いました。お月さまっておいしいのかな??月がなくなって住むところがなくなってしま・・・続きを読む

  • 幸せになったおばあさん

    韓国では、冬至の日にあずきがゆを食べるそうです。 そのあずきがゆを上手に作るおばあさんがとらに食べられそうになることから、このお話は始まります。 日本の昔話「さるかに合戦」を彷彿とさせるような・・・続きを読む

  • 最後がいい

    ぼく、と名乗っているのは犬で、この犬目線で物語は進みます。犬の気持ちってどんなのなのかな?お父さんとかお母さんとか認識してるのかな?などと考えながら読んでいたのですが、最後が飼い主との素敵な絆を感じら・・・続きを読む


編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット