もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

nakaban(ナカバン)(nakaban)

nakaban(ナカバン)(nakaban)

1974年11月、広島県生。絵画を中心に、挿絵やアニメーションなど幅広く活動。東京都在住。主な絵本作品に『チョロコロトロりんごのくにへ 』『ネズネズのおえかき』(学習研究社)など。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

20件見つかりました

表示

  • とおいまちのこと
  • みなとまちから
  • 右手にミミズク
  • ぼくと たいようのふね
  • 窓から見える世界の風
  • 宮沢賢治の絵本 フランドン農学校の豚
  • ぬけすずめ
  • はこ
  • うみべのいす
  • わたしは樹だ
  • ぞうのびっくりパンやさん
  • よるのむこう
  • みずいろのぞう
  • めくってびっくり俳句絵本2 力いっぱいきりぎりす
  • つきのなみだ
  • ころころオレンジのおさんぽ
  • うふふ詩集
  • チョロコロトロりんごのくにへ
  • ネズネズのおえかき
  • ないた赤おに

20件見つかりました

nakaban(ナカバン)(nakaban)さんの作品のみんなの声

  • なんていい気持ち

    表紙の絵に惹かれて読みました。 現実と現像が交錯する、芸術ともいえる素晴らしい世界が綴じられていました。 ナカバンさんの作品がもともと好きなのですが、この絵本は、とくに大好きです。 何度でも旅し・・・続きを読む

  • 最後は、、

    • りひまるさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子4歳

    女の子の周りで、何かが、誰かが、いなくなると、身近な箱が開かなくなる。空いた時にももう遅い。いなくなった誰かは戻ってこない。そんな繰り返し、最後に誰もいない家の中で一人たたずむ女の子。「また誰かがいな・・・続きを読む

  • 落語だけれど

    落語としてきちんとした作品であるようですが、このお話を読んでいる限りでは、絵を一緒に見ていないと、話の展開やオチが分かりにくいように感じました。 籠の話もどこか唐突な感じがします。 お話がどこかぬ・・・続きを読む

  • 豚の描き方がほんとによかったです。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子19歳

    ナカバンさんの豚、月並みな言い方しかできないのですが、すごくよかったです。 宮沢賢治の「フランドン農学校」の“ぶた”がとても引き立っていました。いい感じに太っていると、ストレス(?)で、激やせしてし・・・続きを読む

  • ぷっぷぽーん!

    「ぞうにびっくりパンやさん」タイトル通りに、びっくりです。 でもとても楽しいです。 大きな緑の玉を、”ごろごろ ごろごろ ぞろぞろ ぞろぞろ” 森の広場に綺麗な縞々の筒がみえてきまし・・・続きを読む


『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット