話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ビロードのうさぎ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ビロードのうさぎ 作:マージェリィ・W・ビアンコ
絵・訳:酒井 駒子
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2007年04月
ISBN:9784893094087
評価スコア 4.83
評価ランキング 140
みんなの声 総数 122
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 無意識領域まで響いて涙がでた

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪8歳

    クリスマスの絵本ということで、図書館から借りてきたのですが、姪っ子に読んであげていたらビロードのうさぎに感情移入しちゃって、目に涙がたまってしまいました。
    男の子が大事にしているビロードのうさぎは、男の子のことが大好きでたまらない。でも男の子が病気になって、男の子の持っている玩具はぜんぶ処分されることになる。そんなとき奇跡が。。。
    この絵本の中には、男の子の病気が重くて、死を感じられるし、それに玩具の処分で玩具としての死も感じられる。私の無意識世界にびんびん死と生との交互の再生が伝わって、心を揺らします。無意識世界のかなり怖い領域までつっこんだ絵本だと思います。この絵本は怖いけど傑作です。

    投稿日:2008/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぐっと伝わる世界観

    絵がすばらしいだけでなく、名作と言われる話をぐっと伝わる内容で描かれた一冊です。あたたかい、なつかしい絵とともに、うさぎとも、ぼうやとも、大人とも共感できる一冊です。

    娘も何度も読み返し、お気に入りになっています。
    もう一人で絵本なんて読めますが、久々に枕もとで読み聞かせたくなりました。

    ぼうやがうさぎを大切にする気持ち、
    うさぎが、ほんものを考える気持ち、
    大人の冷たい言葉の端々が、現実とシンクロし、重ねながら読めました。

    最後には、心に何か残ります。

    投稿日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なく、大人には懐かしい…

    人気のある本とは知っていたものの、手に取る機会がなかった絵本ですが、立ち読みして感動し、即購入しました。

    ぬいぐるみのうさぎの目線で物語は進行します。
    小さな男の子に大切にされて幸せに暮らしていたうさぎに、とうとう別れの時が…。
    ラスト、どうなることかと切なくて泣きそうになりますが、妖精の魔法で救われ、ホッとします。
    表紙は暗い色使いですが、中にはきれいな風景なども登場し、絵画的なタッチで素敵です。

    娘の2年生のクラスで読み聞かせしたら、皆静かに聞き入っていました。一般的な幼児向けよりはお話が長めなので、2年生くらいになればちょうどよく理解できるかと思います。
    大人も懐かしく、じんわり感動できるくらいなので、高学年以上にもお勧めできます。

    投稿日:2011/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ため息が出るくらい素敵な絵本ですね

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子12歳、女の子8歳

    「給食番長」「あなたがとってもかわいい」と共にこれも、次女の8歳の誕生日会で読みました。(なんとまあ、3冊3様の選書でしょう?!爆)

    子どもの頃、岩波の「スザンナのお人形/ビロードうさぎ」を持っていて、読んだことはあったのだけど・・・
    酒井駒子さんの美しい絵と訳は、ちょっぴりせつないストーリーにぴったりで、読んでいる自分も、聞いている子どもたちや夫も、惹き込まれていくのがわかりました。

    ぼうやとうさぎが、本物の友達になっていくシーンは、どれも素敵で温かく、お別れのシーンはせつなくて涙がこぼれそうになりました。

    ちょっと意外なラストシーン(昔読んだストーリーも、はっきりは覚えてなかったので・・・)は、ええ、本当にこれでよかったのだろうか?との気持ちもなくはないのですが・・・我が家では「本物の兎=パンダ君」を飼ってることもあり、きっと、ビロードのうさぎも、ぼうやも、幸せな記憶を心の奥にしまいながら、それぞれの道を生きていくんだろうな〜と思えます。

    クリスマスの影の名作ですね♪
    さっそく、リビングに飾ります。
    今週と来週に、3年生、4年生、5年生に読んでこようかなと思います。

    投稿日:2008/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ビロードのうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だんごむしそらをとぶ / ゆめぎんこう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット