せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!

穴の本」 ヒラP21さんの声

穴の本 作:ピーター・ニューエル
訳:高山宏
出版社:亜紀書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2016年04月
ISBN:9784750514642
評価スコア 4
評価ランキング 25,313
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • ちょっと危険な遊び心

    トム・ポッツ君が銃を撃ってしまうところから危険がいっぱいですが、銃弾が作った穴がどこまで行ったのかには興味がいっぱい。
    ページをめくる度に出てくるスリリングな光景は、かろうじてセーフといったものばかりで、そこが面白い絵本です。

    投稿日:2016/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「穴の本」のみんなの声を見る

「穴の本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット