キダマッチ先生!(2) 先生 かんじゃを 食べちゃった!?」 hime59153さんの声

キダマッチ先生!(2) 先生 かんじゃを 食べちゃった!? 文:今井 恭子
絵:岡本 順
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2018年02月20日
ISBN:9784776408468
評価スコア 4
評価ランキング 28,671
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • ぐいぐい引き込まれる

    カエルのお医者さん、キダマッチ先生。
    第一巻で、いつもパンを食べていて、現実の自然界では、カエルが捕食しそうな、あるいはカエルが捕食されそうな生き物達との関わりが描かれており、「本の中の世界だからなぁ・・・」なんて思いながら読んでいたのですが・・・

    第二巻では、その疑問にずばり!答えてくれる件があります。
    それが結構衝撃的!
    だからキダマッチ先生は、パンを食べるのか・・・ と納得しました。

    最後は、冬のキダマッチ先生の家が何だか危なげな状態に・・・

    淡々と書かれているのですが、ちょっと毒のあるような、どきどきする展開に、ぐいぐい引き込まれていきます。
    あっという間に読破!
    面白かったです。

    投稿日:2020/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「キダマッチ先生!(2) 先生 かんじゃを 食べちゃった!?」のみんなの声を見る

「キダマッチ先生!(2) 先生 かんじゃを 食べちゃった!?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット