しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

木の耳」 てんちゃん文庫さんの声

木の耳 文:ヤン ホンイン
絵:エレーヌ・ルヌヴー
訳:中 由美子
出版社:樹立社
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年10月19日
ISBN:9784901769884
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,911
みんなの声 総数 2
「木の耳」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 素敵な一冊

    卒業を迎える6年生へのはなむけに読む絵本を探している時、たまたま図書館の新刊コーナーで見つけました。

    まず、細かく描かれた美しい絵が目につきます。
    画家はパリのイラストレーターだそう。独特の世界観で、魅力的です。
    ストーリーも、初めは悲しいお話かと思いきや、希望に満ちた明るい展開で、これから巣立つ6年生に贈るのにぴったりだと思いました。

    冒頭で、「あなたは木の耳を食べたことがありますか。」という文が独立して書かれているのが、子どもには分かりにくいかもしれません。
    私は大人なのでぱらぱらっと見ただけで、「木の耳」つまり、古木に生えるキノコを木の耳に例えていて、古木になると「耳」が生えるから、皆の声が聞こえるようになるという話なのかな、と推測できましたが…
    ちゃんとあとがきに中国語でキクラゲのことを「木耳(ムーアル)」というと説明が書かれています。
    しかし、本文中ではそのような内容に全く触れられておらず、「木の耳を食べたことがありますか」というある意味衝撃的な文だけがぽつんと書かれているので、読む前にキクラゲの解説を少し入れてから読むと良いかもしれません。
    中国絵本館シリーズ2作目ということですが、1作目も探して読みたくなりました。

    投稿日:2020/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「木の耳」のみんなの声を見る

「木の耳」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

にじいろのさかな / とこちゃんはどこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット